ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
05|2019/06|07






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30





カレンダーと同期
【新着一覧】

2020年3月31日
ニホンウナギ稚魚の飼育環境におけるクスノキ落葉の役割と感染症について考える新着

2020年3月23日
自然科学部 ウナギの水槽に落葉を入れるとアンモニア濃度が減少することについて新着

2020年1月18日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするための調査

2019年12月24日
令和元年度の締めくくり!伝習館高校自然科学部ニホンウナギ稚魚を124尾放流!

2019年12月21日
令和元年最後の石倉かごモニタリングで放流したニホンウナギを7尾再捕獲!伝習館高校以前科学部

2019年12月15日
矢部川シンポジウム「私たちの水環境」で伝習館高校自然科学部が発表

2019年12月8日
第5回全国ユース環境発表大会九州・沖縄地方大会に自然科学部「先生が選ぶ特別賞」を受賞

2019年12月7日
eco-1グランプリ最終審査会に伝習館高校自然科学部出場

2019年11月10日
伝習館高校自然科学部「全国アマモサミット2019みやぎ」に参加して

2019年11月4日
アースウオッチジャパン参加者とウナギ稚魚を173尾放流

2019年10月27日
ふしぎいっぱい自然探検隊,福岡県のボランティアに参加(主催:福岡県南筑後保健福祉環境事務所)

2019年10月23日
産卵のため海へ戻る直前の銀ウナギを柳川観賞魚センターから23尾購入し,二丁井樋で放流

2019年9月18日
伝習伝習館高校自然科学部 銀ウナギ(下りウナギ)を放流し,ニホンウナギの保全へ第一歩

2019年8月25日
伝習館で飼育したニホンウナギ稚魚442尾,柳川掘割に放流!

2019年8月23日
吹奏楽部 夏季合宿を行いました
伝習館高校自然科学部が放流したウナギが46cmに成長し釣り上げられた

2019年8月2日
伝習館高校自然科学部九州地方ユースSDGsフォーラムに参加

2019年7月27日
伝習館高校自然科学部京都大学森里海キャラバン芦生研究林ワークショップに参加

2019年7月20日
伝習館高校自然科学部と伝習館同窓会みやま支部共同の飯江川視察

2019年7月19日
伝習館高校自然科学部が第53回ウナギ供養祭に参列

2019年6月26日

二丁井樋のシラスウナギを登攀させる簡易魚道の撤去!伝習館高校自然科学部

 昭和40年代まで柳川の掘割にはたくさんのニホンウナギがいました。ところが,30年ほど前から柳川の掘割でウナギを見ることが少なくなり,最近では私たちが放流したと考えられる小さなウナギの目撃情報をお寄せいただくだけです。私たちはニホンウナギが柳川の掘割にいなくなった理由を二丁井樋などの江戸時代に作られた排水門の改修や沖端川や塩塚川の柳川掘割と接する河川の護岸工事が原因だと考えています。



二丁井樋は,沖端川から引き込まれた運河状の旧沖端漁港へ柳川掘割の水を落とすために作られた排水門です。江戸時代に作られたときは,干潮時に排水して満潮時は潮に押されて自動で閉まる木製の堰板を持っていました。ところが1970年代末の改修で鉄製樋門に変更されてしまいました。私たちは,改修前の二丁井樋の堰板の間からたくさんのシラスウナギが樋管の中に入り,昔は今に比べ掘り割の水も多かったためにシラスウナギが掘割に容易に侵入できたのではないかと考えています。沖端周辺のおじいさまから昔はたくさん二丁井樋周辺の掘割にシラスウナギがいたというお話を伺ったこともあります。

今は掘割の水位が下がり容易にシラスウナギが掘割に入れなくなってしまいました(次)


そこで,2016年にニホンウナギ稚魚の登攀実験を行いました。その結果,長さ1mの雨樋で作った簡易魚道をニホンウナギの稚魚が登攀することを確認しました。この実験の様子は動画に記録しました。


私たちが作った簡易魚道は,280cmの雨樋にシリコンシーラントで無数の突起をつけました。2016年の登攀実験から雨樋の角度は50°ほどで,流す水の量は多い方がウナギがよく登ることを確認していますので,二丁井樋の仮設魚道の角度を45°にしました。流れる水の量は多い方が良いことなども登攀実験から分かりました。右の写真は20168月に行ったニホンウナギの登攀実験です。


2016年の登攀実験の結果を踏まえて,生物実験室で長さ280cmの雨樋にシリコンシーラントで突起をつけた仮設魚道を作りました。

魚道を設置するに当たり,二丁井樋を管理しているみやま土木事務所の担当者との協議を20188月から行い,柳川市水路課の立ち会いの下,仮設魚道を平成3146日に設置しました。





 

あいにく魚道を設置したときは掘りの水が少なく,シラスウナギは登攀してくれませんでしたが,次の大潮に水中ポンプとサイフォンで水を落とす装置を作りました。シラスウナギの活動は大潮の日暮れ後に活発になりますので,夜間を待ってシラスウナギの登攀の様子を観察しました。




それから,雨の後で急激に掘りの水位が上昇しますが,なかなか満潮時期に掘りの水位が上昇することがありませんでした。結局この魚道を利用したのはイソガニが2匹だけでした。


この仮設魚道は5月中に撤去するという約束でしたので,526()に部員たちと撤去しました。


 



来年2月に,シラスウナギの遡上のピークを迎えるまでに設置できるようにみやま土木組合の方と柳川市にお願いする予定です。



福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved