ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
11|2019/12|01
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031



カレンダーと同期
【新着一覧】

2021年6月13日
自然科学部,ドローンを導入し,活動の幅を広げるぞ!新着

2021年6月12日
東京都立大学教授横山先生のZoomミーティングによるオンライン授業新着

2021年6月5日
三学会合同福岡大会2021でのポスター発表

2021年5月30日
立花いこいの森公園でホタルの観察会を行いました!新着

2021年5月3日
クスノキ落葉でミズカビ病が治癒した!自然科学部新着
船上から柳川掘割の護岸調査 自然科学部新着

2021年4月18日
第1回飯江川原流域“ウナギとホタルを人がつなぐ”広葉樹植樹祭 自然科学部!新着

2021年4月17日
第1回飯江川の石倉かごおよび電気ショッカーによる魚類の調査を実施 自然科学部!新着

2021年3月27日
柳川でホタル放流  私たちの水環境を守ろう!自然科学部の挑戦新着

2020年10月24日
石倉かごモニタリングで放流したウナギ3尾再捕獲!とアースウオッチジャパンとの放流!

2020年10月16日
「知事のふるさと訪問~福岡県の未来を語ろう~柳川編~」 自然科学部が描く地域創生

2020年10月10日
自然科学部 桜舞館小学校の子供たちと飯江川に石倉かごを設置し,ニホンウナギ稚魚の標識放流を行う!

2020年7月4日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするために 令和2年第1回稚ウナギ放流会

2020年3月31日
ニホンウナギ稚魚の飼育環境におけるクスノキ落葉の役割と感染症について考える

2020年3月23日
自然科学部 ウナギの水槽に落葉を入れるとアンモニア濃度が減少することについて

2020年1月18日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするための調査

2019年12月24日
令和元年度の締めくくり!伝習館高校自然科学部ニホンウナギ稚魚を124尾放流!

2019年12月21日
令和元年最後の石倉かごモニタリングで放流したニホンウナギを7尾再捕獲!伝習館高校以前科学部

2019年12月15日
矢部川シンポジウム「私たちの水環境」で伝習館高校自然科学部が発表

2019年12月8日
第5回全国ユース環境発表大会九州・沖縄地方大会に自然科学部「先生が選ぶ特別賞」を受賞

2019年12月21日

令和元年最後の石倉かごモニタリングで放流したニホンウナギを7尾再捕獲!伝習館高校以前科学部

令和元年最後の石倉かごモニタリングで放流したニホンウナギを7尾再捕獲!

伝習館高校自然科学部

期 日:令和元年1221()13:0016:00

場 所:アメンボセンター


石倉かごモニタリングを終えて部員全員で記念撮影

生徒2人はドライスーツなので涼しい顔をしているが,私はウエットスーツで作業したので寒さで顔が引きつっている。



石倉かごは目の荒いかごの中に石を詰め込んでいるために水生生物をモニタリングするために石を全て引き上げなければならない。今回は,(一社)北部九州河川利用協会の助成金と公益財団法人東京会場日動教育振興基金の助成論文の助成金を使わせていただき生徒用のドライスーツを購入させていただいた。

石を全て引き上げた後に,目の荒いかごを引き上げて,敷き込んでいた目の細かい網を引き上げて中の魚類などを調査する。


目の細かい網を引き上げ魚類,エビ類,貝類を取り出す。

なんと私たちが放流した稚ウナギを7尾再捕獲することができた。


再捕獲した稚ウナギは,イラストマー蛍光標識で個体識別をした後で122415:30より,石倉かご周辺で再放流する。

作業中に沢山の方々に声をかけられたことに喜びを感じる。

石倉かごモニタリングで捕獲した魚類は以下の通りである。


 私たちは(一社)北部九州河川利用協会の令和元年度河川活動推進事業の助成を受けて活動している。



福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved