ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
10|2019/11|12





12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
カレンダーと同期
【新着一覧】

2021年6月13日
自然科学部,ドローンを導入し,活動の幅を広げるぞ!新着

2021年6月12日
東京都立大学教授横山先生のZoomミーティングによるオンライン授業新着

2021年6月5日
三学会合同福岡大会2021でのポスター発表

2021年5月30日
立花いこいの森公園でホタルの観察会を行いました!新着

2021年5月3日
クスノキ落葉でミズカビ病が治癒した!自然科学部新着
船上から柳川掘割の護岸調査 自然科学部新着

2021年4月18日
第1回飯江川原流域“ウナギとホタルを人がつなぐ”広葉樹植樹祭 自然科学部!新着

2021年4月17日
第1回飯江川の石倉かごおよび電気ショッカーによる魚類の調査を実施 自然科学部!新着

2021年3月27日
柳川でホタル放流  私たちの水環境を守ろう!自然科学部の挑戦新着

2020年10月24日
石倉かごモニタリングで放流したウナギ3尾再捕獲!とアースウオッチジャパンとの放流!

2020年10月16日
「知事のふるさと訪問~福岡県の未来を語ろう~柳川編~」 自然科学部が描く地域創生

2020年10月10日
自然科学部 桜舞館小学校の子供たちと飯江川に石倉かごを設置し,ニホンウナギ稚魚の標識放流を行う!

2020年7月4日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするために 令和2年第1回稚ウナギ放流会

2020年3月31日
ニホンウナギ稚魚の飼育環境におけるクスノキ落葉の役割と感染症について考える

2020年3月23日
自然科学部 ウナギの水槽に落葉を入れるとアンモニア濃度が減少することについて

2020年1月18日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするための調査

2019年12月24日
令和元年度の締めくくり!伝習館高校自然科学部ニホンウナギ稚魚を124尾放流!

2019年12月21日
令和元年最後の石倉かごモニタリングで放流したニホンウナギを7尾再捕獲!伝習館高校以前科学部

2019年12月15日
矢部川シンポジウム「私たちの水環境」で伝習館高校自然科学部が発表

2019年12月8日
第5回全国ユース環境発表大会九州・沖縄地方大会に自然科学部「先生が選ぶ特別賞」を受賞

2019年11月4日

アースウオッチジャパン参加者とウナギ稚魚を173尾放流

令和元年114(/)

九州大学農学部の望岡先生と一緒に私たちが育てたニホンウナギ稚魚173尾を柳川掘割に放流した。現在までに2836尾放流しているので,3000尾を超えた。現在伝習館高校で190尾ニホンウナギ稚魚を継続飼育しているので12月の放流で放流個体は3100尾を超える予定である。また,今年になり柳川市民の情報提供で私たちが放流したニホンウナギが柳川掘割で成長している情報も得られているので私たちの第1の目標の達成までもうすぐそこまで来ているという期待感が強くなった。私たちの第1の目的は柳川掘割をニホンウナギのサンクチュアリにすることで国際的絶滅危惧種ニホンウナギの絶滅を回避し,種の再生産に貢献することだ。第2の目的は,ニホンウナギの保護を通して得られた知見から持続可能な地域の自然と人のつながりを再構築することである。これは,特に本来の生物の力で支えられている持続可能な自然のシステムを人の生活とどのように結びつけるのか,持続的な地域創成システムの再構築に繋がる。これは,未来を作る子供たちの価値観を生命の不思議さと面白さを軸とした自然を中心としたものに変えること。つまり,次世代の教育に私たちは取り組まなければならないことを示している。

 


放流が終わり引き上げる参加者。中央は九州大学の望岡先生。右には映画「セシウムと少女」や「ニッポニアニッポン」の監督の才谷遼さんや映画「椿三十郎」や「連合艦隊」を撮影されたカメラマンの加藤雄大さんもいらっしゃった。

 素晴らしいことに前日の石倉かごを使ったモニタリングで望岡先生たちが行った二丁井樋の石倉かごに3尾も銀ウナギが入っていたという。この銀ウナギは多分,矢部川の上流で育ち矢部川から沖端川に入り二ツ川堰から二ツ川に入って柳川掘割を通って潮の匂いに引き寄せられて汽水との境界の二丁井樋の横に設置された石倉かごで銀化している最中だと考えられる。銀化のステージはS1ほどで,私たちが9月に放流した銀ウナギとほぼ一緒である。銀ウナギのステージはY1,Y2,S1,S24段階があり,S2は腹も黒くなる。

 


子供たちも放流に参加した。


午前中にアースウオッチジャパンの参加者も私たちのタグうちの手伝いをしてくれた。


113日にはアースウオッチジャパン参加者の勉強会で顧問木庭と望岡先生の講義が行われた。

私たちの活動は,(一社)北部九州河川利用協会の「令和元年度河川利用推進支援事業」の助成を受けています。



福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved