ホーム  >  学校生活・行事 [ 自然災害等への対処 ]

情報
(気象庁)

授業

生徒の対処

学校の対処

登校前発令

登校後発令

気象

特別
警報

 

休講

 午前6時に特別警報が発令されている場合は自宅で待機する。
特別警報等の発令及び解除の情報はテレビ・インターネット・177番等で確認する。

特別警報が解除されるまでは下校させない。

対応
(校長)県教育委員会
(教頭)情報の集約・確認
(1)
気象情報等
TV・インターネット)
(2)
交通機関
(
西鉄・西鉄バス)
(3)
近隣校の対応
(
主幹教諭・学年主任)
(1)
管理職と検討
(2)
教職員への指示
(3)
保護者宛事前文書
・伝習館HPへの記載事項作成

(1)
気象等の情報と地域の実情を総合的に判断し、危険を伴うと判断した場合はその旨を本校の緊急連絡掲示板(HP)に掲載する。

警報

暴風

特別
時間割・
休講

(1)午前6時に暴風警報が発令されている場合は、課外授業、1~ 4時限を休講とする。
5時限目以降の授業については、午前11時の時点で判断する。

【警報】
気象情報や地域の実情に応じ、下校させることもある。

(1)
安全を確認した後、下校させる場合
(確認事項)
・交通・道路情報の確認
・保護者引き取りの有無
・集団下校者の確認
・下校時の安全指導
・帰宅時の学校への報告

(2)
安全に下校することが困難な生徒がいる場合

保護者と連携をとり、適切な対応を行う(個別対応)

大雨

(1)安全に登校することが心配される場合は、学校に連絡した上で、自宅待機し、安全が確認された時点で登校させる。

(2)
警報が解除された場合は、気象情報や地域の実情等を家族と相談し、安全であることを確認した上で登校させる。

(3)
公共交通機関が不通の場合は、自宅待機とする。開通後は、地域の実情等を家族と相談した上で、安全に十分注意して登校する。

休講等の連絡は、決定次第、生徒への連絡と、緊急連絡掲示板(学校HP)にて発信する。 

洪水

大雪

地震

警報
(予報)

 

(1)地震情報と地域の実情を総合的に判断し、危険と判断すれば避難行動をとり、 安全が確認できれば下校させることもある。

津波

警報・
注意報

(1)津波情報と地域の実情を総合的に判断し、危険と判断すれば避難行動をとり、安全が確認できれば下校させることもある。

気象

注意報

強風

平常
授業

(1)今後の気象情報や地域の実情を家族と相談し、安全であることを 確認した上で登校させる。

(2)
安全に登校することが心配される場合は、学校に連絡した上で自宅待機(避難)し、安全が確認された時点で登校させる。

(1)気象情報と地域の実情を総合的に判断し下校させることもある。 

大雨

洪水

大雪

【判断の時間】
(1)
 午前11時に暴風警報・特別警報が発令されている場合は、終日休講とする。

(2)
 休講等の判断を決定次第、緊急連絡掲示板(伝習館高校HP)にて情報を発信する。
 大雨・洪水・大雪・暴風警報・特別警報等の発令及び解除の情報はテレビ・インターネット・177番等で確認する。
 事前に休校等の連絡がなされている場合はこの限りではない。

福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496