ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
05|2021/06|07


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930


カレンダーと同期
【新着一覧】

2021年7月28日
吹奏楽部 校内サマーコンサートを開催しました新着

2021年7月25日
演劇部 引退公演を行いました

2021年7月22日
柳川掘割でニホンウナギを放流!&石倉かごモニタリング!&命をいただき、掘割の恵みに感謝する会!新着

2021年7月5日
第23回水大賞農林水産大臣賞受賞を柳川市長にご報告新着

2021年6月30日
みやま市長松嶋様と教育長待鳥様へ農林水産大臣賞受賞のご報告を行いました新着

2021年6月13日
自然科学部,ドローンを導入し,活動の幅を広げるぞ!新着

2021年6月12日
東京都立大学教授横山先生のZoomミーティングによるオンライン授業新着

2021年6月5日
三学会合同福岡大会2021でのポスター発表

2021年5月30日
立花いこいの森公園でホタルの観察会を行いました!新着

2021年5月3日
クスノキ落葉でミズカビ病が治癒した!自然科学部新着
船上から柳川掘割の護岸調査 自然科学部新着

2021年4月18日
第1回飯江川原流域“ウナギとホタルを人がつなぐ”広葉樹植樹祭 自然科学部!新着

2021年4月17日
第1回飯江川の石倉かごおよび電気ショッカーによる魚類の調査を実施 自然科学部!新着

2021年3月27日
柳川でホタル放流  私たちの水環境を守ろう!自然科学部の挑戦新着

2020年10月24日
石倉かごモニタリングで放流したウナギ3尾再捕獲!とアースウオッチジャパンとの放流!

2020年10月16日
「知事のふるさと訪問~福岡県の未来を語ろう~柳川編~」 自然科学部が描く地域創生

2020年10月10日
自然科学部 桜舞館小学校の子供たちと飯江川に石倉かごを設置し,ニホンウナギ稚魚の標識放流を行う!

2020年7月4日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするために 令和2年第1回稚ウナギ放流会

2020年3月31日
ニホンウナギ稚魚の飼育環境におけるクスノキ落葉の役割と感染症について考える

2020年3月23日
自然科学部 ウナギの水槽に落葉を入れるとアンモニア濃度が減少することについて

2021年6月5日

三学会合同福岡大会2021でのポスター発表

三学会合同福岡大会2021でポスター発表をしました。
 私たち生物部は6月5日に三学会合同福岡大会2021(以下三学会)でポスター発表を行いました(ポスターは一番下に載せています)。三学会とは,九州沖縄植物学会,日本動物学会九州支部,日本生態学会九州地区会の3つの学会が主催する大会で,高校生によるポスター発表や一般講演,講師の先生を招いての特別講演があります。例年は,会場で直接発表を行いますが,新型コロナウイルスの影響によりオンラインでの開催となりました。
 

 私たちは,「ニホンウナギを保護するための2つのサンクチュアリづくり~飼育槽から見えてきたクスノキ落葉と微生物の重要性~」と題して柳川掘割や飯江川でのニホンウナギの放流や石倉かごによる再捕獲,クスノキ落葉を水槽に入れることによって水槽内の水質がきれいなまま維持されたことのメカニズムと,ニホンウナギのミズカビ病が治ることをポスターで発表しました。
他の高校の研究が見ることのできる貴重な機会で,様々な見方や考え方を吸収でき,また,私たちが研究,調査してきたことを多くの人に認知してもらえるように部員一丸となって頑張ったこともこれからの活動に繋がる良い経験だったと思います。
今回の活動で,学んだことや,今後への課題が見つかったので,これをしっかりと受け止め活動に活かしていきたいと考えています。

今回のポスター発表の質疑応答

クスノキ以外でも,落葉であればそこに付いた硝酸菌や亜硝酸菌のはたらきで硝化作用が起こるので,アンモニア濃度は低下します。

サクラなどの広葉樹で実験したこともありますが,クスノキ以外の落葉でも死亡率の低下に効果はあるようです。しかしながら,クスノキに含まれている樟脳やカンフルなどといった特有の成分が作用してウナギの活動を活性化させたり感染症を抑制する効果が見られた可能性もあり,今後検証していこうと考えています。

これは標識放流するためにウナギの腹腔内にマイクロワイヤータグを挿入している動画です。この動画は小川前知事にも見てもらいました。(2020年10月16日撮影)
とても細かい手作業ですね。
最後に綿棒で何か薬を塗っているのでしょうか?

質問ありがとうございます。
マイクロワイヤータグを挿入した際に生じた傷が早く治るように、ヒト用の軟膏を塗っています。
ちなみに,抗生物質入りの軟膏を使用しています。

コメント:一般的な水槽飼育の際によく用いられている上部や外部濾過槽等によるアンモニアの除去と、クスノキ葉による浄化の効果の比較はどうでしょうか。やはり後者の方が有効ですか。シラスウナギを大量に飼育・放流されており、その活動に頭が下がります。

ご質問ありがとうございます。外部濾過槽などを使用してアンモニア濃度の変化を測定したことはありませんので,どちらのほうがより高い効果が得られるかは分かっていませんが,自然のものだけを使用して水槽内で一種の「持続可能な環境」を創出できたことに大きな意味があると考えています。人間が手を加えて,水槽の水替えや濾過などの操作を一切行わなくても,自然のシステムによって本来の環境が維持できるのであれば,それに越したことはないと思います。

コメント: とても面白い研究ですね。どんな物質がうなぎの病気に効果があるのか?クスノキの落ち葉を入れてから、水槽中の微生物群集はどのように変動するのか?それから、脱窒反応は嫌気条件で進行するので、水槽中の溶存酸素濃度は、どのような分布を示すのか、などなど、いろいろと調べたいことが出てきますね。実用的な側面だけでなく、面白い研究課題が含まれていて、これからの進展が楽しみです。
ご意見ありがとうございます。
水槽内の嫌気条件を探すため、水槽内の様々な場所で溶存酸素濃度を測定した結果、落葉の底の部分では比較的溶存酸素濃度が低いことが分かりました。そのため、落葉を入れることは、ウナギの住処となるだけでなく、脱窒菌などの住処を提供していることにもなります。

また,これまで重度の感染症に感染したウナギは市販のニューグリーンFなどの薬をいれて治療していましたが,あまり効果が得られず結果的に死亡していましたが,2021年4月にミズカビ病のウナギをクスノキ落葉で治療した際には完全に治癒させることができたため,クスノキの成分は強力な効能を持っていることがわかります。今後,白点病に感染した個体でも治療ができるかどうか実際に試してみようと思います。

コメント: ウナギ治療の話は興味深いです。他の魚の治療にも有効な気がします。研究がんばってください。
ありがとうございます。現在は淡水の生物でのみ死亡率の低下が分かっていますが,ハゼなどの海水魚にもクスノキ落葉の効果が得られるのか,今後実験してみようと思います。

コメント: 2020年のシラスウナギの採捕数が他の年よりもとても多い原因は何でしょうか?環境の変化や親個体数の増加などがあったのでしょうか。それとも、捕獲努力が大きく、シラスウナギを取りすぎてしまったのでしょうか

ご質問ありがとうございます。
2020年は例年に比べて対馬海流の勢力が強かったため、有明海に入ってくるシラスウナギの個体数には対馬海流が影響しているかも知れません。

ウナギの採捕時間は満潮前後の2時間程度としており,2020年に特別変わったことを実践したわけではありません。やはりウナギも群れで一斉にやってくるので,偶然集中して多く採捕できたのかもしれません。今年も昨年と同じように採捕に行きましたが,昨年ほど多くは採れませんでした

↓私たちが作ったポスターです!
 
いつも私たちの活動を暖かい目で見てくださりありがとうございます。
これからも様々な活動を積極的に行っていくので今後ともご支援のほどよろしくお願いします。

私たちの活動は、北部九州河川利用協会の「令和3年度河川利用推進支援事業」の支援を受けています。


福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved