ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
05|2021/06|07


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930


カレンダーと同期
【新着一覧】

2021年7月28日
吹奏楽部 校内サマーコンサートを開催しました新着

2021年7月25日
演劇部 引退公演を行いました

2021年7月22日
柳川掘割でニホンウナギを放流!&石倉かごモニタリング!&命をいただき、掘割の恵みに感謝する会!新着

2021年7月5日
第23回水大賞農林水産大臣賞受賞を柳川市長にご報告新着

2021年6月30日
みやま市長松嶋様と教育長待鳥様へ農林水産大臣賞受賞のご報告を行いました新着

2021年6月13日
自然科学部,ドローンを導入し,活動の幅を広げるぞ!新着

2021年6月12日
東京都立大学教授横山先生のZoomミーティングによるオンライン授業新着

2021年6月5日
三学会合同福岡大会2021でのポスター発表

2021年5月30日
立花いこいの森公園でホタルの観察会を行いました!新着

2021年5月3日
クスノキ落葉でミズカビ病が治癒した!自然科学部新着
船上から柳川掘割の護岸調査 自然科学部新着

2021年4月18日
第1回飯江川原流域“ウナギとホタルを人がつなぐ”広葉樹植樹祭 自然科学部!新着

2021年4月17日
第1回飯江川の石倉かごおよび電気ショッカーによる魚類の調査を実施 自然科学部!新着

2021年3月27日
柳川でホタル放流  私たちの水環境を守ろう!自然科学部の挑戦新着

2020年10月24日
石倉かごモニタリングで放流したウナギ3尾再捕獲!とアースウオッチジャパンとの放流!

2020年10月16日
「知事のふるさと訪問~福岡県の未来を語ろう~柳川編~」 自然科学部が描く地域創生

2020年10月10日
自然科学部 桜舞館小学校の子供たちと飯江川に石倉かごを設置し,ニホンウナギ稚魚の標識放流を行う!

2020年7月4日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするために 令和2年第1回稚ウナギ放流会

2020年3月31日
ニホンウナギ稚魚の飼育環境におけるクスノキ落葉の役割と感染症について考える

2020年3月23日
自然科学部 ウナギの水槽に落葉を入れるとアンモニア濃度が減少することについて

2021年6月30日

みやま市長松嶋様と教育長待鳥様へ農林水産大臣賞受賞のご報告を行いました新着

6月30日に私たちはみやま市立図書館で今までの活動と農林水産大臣賞の受賞の報告を行いました。
 
活動内容を報告している様子です。

 
質疑応答の様子,部長の大橋先輩が答えています。

質問の内容
・なぜクスノキ落葉を使用したのか? 
⇒カキの養殖に腐葉土が使用されていることを聞き,桜の落ち葉や,クスノキの落葉等でウナギへの影響の実験をしました。その結果,クスノキ落葉が一番ウナギが元気になりました,。またアンモニアの濃度が低下し水替えが減ったので,クスノキ落葉を使用しています。
・ウナギ研究はいつからしているのか?
⇒2014年から研究を始めました。ウナギの放流を始めたのは2015年からです。


 
みやま市長,みやま市教育長と共に記念写真を撮りました。
右から待鳥博人様,松嶋盛人様,部長の大橋先輩,副部長の百原先輩,生物部員です。生物部員は計16名います。

表敬訪問で発表させていただいた活動内容を簡単に説明させていただきます。
 
上の写真は第20回の表彰式の模様です。先輩方が,2018年の第20回に本水大賞では文部科学大臣賞を受賞しました。左の方は,文部科学副大臣の丹羽様です。

 
表彰の様子
秋篠宮様と妃殿下様の御前で丹羽文部科学省副大臣から表彰状をいただきました。

残念ながらコロナウイルス感染拡大により第23回の授賞式は中止されました。

私たち伝習館高校自然科学部は,2014年にニホンウナギが国際自然保護連合によって絶滅危惧種に指定された時から,柳川掘割をニホンウナギのサンクチュアリにすることで絶滅を回避するための取り組みをはじめました。2019年からは「山川ほたる保存会」の皆様のご協力を得て,みやま市を流れる飯江川でも桜舞館小学校の児童とウナギの保護活動を行っています。

飯江川でのウナギの放流は2020年から始めました。いままでに計10000尾採捕し,7000尾放流しています。そのうち,飯江川では,611尾放流しました。
私たちは,2020年10月10日に飯江川の生態調査を目的として飯江川支流日当川に石倉かごを設置しました。また,舞鶴ふれあい公園から約2km下流の可動堰に腹腔内に金属製の太さ0.2mm,長さ2mmのワイヤータグを挿入し,さらにピンクのイラストマー蛍光標識で標識した特別なウナギを50尾放流しました。
石倉かご設置を手伝ってくれた桜舞館小学校の児童の皆さん,ほたる保存会の皆様との記念写真がこちらです。
 

第2回目の石倉かごの調査は半年後の2021年4月17日に行いました。
 
この調査では,以前私たちが放流したウナギと思われる6尾を再捕獲することができました。赤い△が採捕獲したウナギです。この結果から去年放流した時より約10センチメートル以上成長しているのが分かります。
しかし,イラストマーがついているウナギを捕獲できなかったことから,飯江川上流にある可動堰が原因で,うなぎが海から上ってこれないと考えられます。可動堰は,豪雨災害時の増水を防ぐこと,夏の渇水期の農業用の水をためること,この2つの問題を解決するために造られました。つまり,命を守ることと農業を守ることを目的にした大切なものです。しかし,生物多様性の面では大きな壁になっているようです。そのため,可動堰に工夫が必要かもしれません。
そこで, 2021年4月18日に「山川ほたる保存会」の皆様が中心になり行われた田尻うるおい公園での「ウナギとホタルを人が繋ぐ広葉樹植樹祭」に私たちも参加しました。
広葉樹を植樹することに腐植層が形成され,自然豊かな川を保つことができると共に上記の豪雨災害時の増水や農業用水の確保の問題点を解決することができます。
次に,森の恵みについてお話しします。ウナギを飼育している水槽にクスノキ落葉をいれたところアンモニア濃度が著しく低下しました。
 
これはその実験結果を示すグラフです。
クスノキ落葉を入れると落ち葉投入1時間後にアンモニア濃度が大幅に低下していることが分かります。
この現象にはクスノキ落葉に付着した硝化細菌や脱窒を行うカビや細菌が関わっていることが分かりました。また,アンモニア濃度が低下したことで水替えの頻度が減り,水の節約になりました。
 
その他にも,ミズカビ病にかかったウナギ稚魚にもクスノキ落葉は効果があり,1週間ほどでミズカビ病が完治しました。その他にも,クスノキ落葉を入れるとウナギの成長率も大きくなり,水槽の汚れや匂いも減少することが分かっています。

感想
はじめに,お世話になったみやま市の皆様方の前で私たちの活動について,たくさんの人の前で聞いていただいたことがとてもうれしく思いました。また,多くの質問や意見をいただき,ありがとうございました。私たちにはない新しい視点からの意見や,第三者から見た客観的な意見がたくさんあり,とても参考になりました。新型コロナウイルスの感染拡大したことで,多くの大会が無くなってしまいましたが,このような大きな場で活動について発表することができ,楽しかったです。また,久々の大きな場での発表でとても緊張しましたが,とてもよい発表ができたと考えています。改めて,みやま市長松嶋盛人様,みやま市教育長待鳥 博人様,今回の活動や,農林水産大臣賞受賞の報告に関わっていただいた皆様に感謝申し上げます。

この度のみやま市訪問にあたり、バスを山川ほたる保存会の皆様に借りていただきました。
私たちの活動は(一社)北部九州河川利用協会の「令和3年河川利用推進支援事業」の支援を受けています。


福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved