ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
03|2021/04|05




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
カレンダーと同期
【新着一覧】

2021年7月28日
吹奏楽部 校内サマーコンサートを開催しました新着

2021年7月25日
演劇部 引退公演を行いました

2021年7月22日
柳川掘割でニホンウナギを放流!&石倉かごモニタリング!&命をいただき、掘割の恵みに感謝する会!新着

2021年7月5日
第23回水大賞農林水産大臣賞受賞を柳川市長にご報告新着

2021年6月30日
みやま市長松嶋様と教育長待鳥様へ農林水産大臣賞受賞のご報告を行いました新着

2021年6月13日
自然科学部,ドローンを導入し,活動の幅を広げるぞ!新着

2021年6月12日
東京都立大学教授横山先生のZoomミーティングによるオンライン授業新着

2021年6月5日
三学会合同福岡大会2021でのポスター発表

2021年5月30日
立花いこいの森公園でホタルの観察会を行いました!新着

2021年5月3日
クスノキ落葉でミズカビ病が治癒した!自然科学部新着
船上から柳川掘割の護岸調査 自然科学部新着

2021年4月18日
第1回飯江川原流域“ウナギとホタルを人がつなぐ”広葉樹植樹祭 自然科学部!新着

2021年4月17日
第1回飯江川の石倉かごおよび電気ショッカーによる魚類の調査を実施 自然科学部!新着

2021年3月27日
柳川でホタル放流  私たちの水環境を守ろう!自然科学部の挑戦新着

2020年10月24日
石倉かごモニタリングで放流したウナギ3尾再捕獲!とアースウオッチジャパンとの放流!

2020年10月16日
「知事のふるさと訪問~福岡県の未来を語ろう~柳川編~」 自然科学部が描く地域創生

2020年10月10日
自然科学部 桜舞館小学校の子供たちと飯江川に石倉かごを設置し,ニホンウナギ稚魚の標識放流を行う!

2020年7月4日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするために 令和2年第1回稚ウナギ放流会

2020年3月31日
ニホンウナギ稚魚の飼育環境におけるクスノキ落葉の役割と感染症について考える

2020年3月23日
自然科学部 ウナギの水槽に落葉を入れるとアンモニア濃度が減少することについて

2021年4月17日

第1回飯江川の石倉かごおよび電気ショッカーによる魚類の調査を実施 自然科学部!新着



1.目的
 2020年10月10日に設置した飯江川の石倉かごを開き生物調査および,電気ショッカーによる調査を行うことで飯江川の生物相,特に魚類のモニタリングを行うことで飯江川に設置された可動堰が生物多様性に与える影響を明らかにする。また,調査に未来の社会を担う子供たちが参加することで子供たちの河川の環境に対する意識を醸成する。
2.調査場所
 
 舞鶴ふれあい公園(みやま市山川町・高田町)
 
3.調査日時
 2021年4月17日(土) 12:50~17:20
 タイムスケジュール
12:50 開会挨拶(大田黒さん,山下洋先生と望岡先生各2分ずつ)
13:00~14:30 電気ショッカーによる魚類調査(望岡先生)
14:50~16:20 石倉かごモニタリングと説明(望岡先生)
17:00~17:10 伝習館で育てたウナギの放流(約80尾)
17:15~17:20 講評(山下洋先生)
17:20 解散
4.指導者
 山下洋先生(京都大学名誉教授,前京都大学フィールド科学教育研究センター長,福岡県出身)
 望岡典隆先生(九州大学准教授,石倉かごの発明者,ウナギとフグの研究の第一人者)
5.参加者
 山川ほたる保存会,伝習館高校自然科学部,九州大学,京都大学

6.調査の詳細
はじめに
私たちは、柳川堀割をニホンウナギのサンクチュアリにするために活動を2014年から、国際自然保護連合がニホンウナギを絶滅危惧ⅠB類に指定されたと同時に始めた。しかし柳川掘割でのニホンウナギ保護は人が造った歴史資産を使った野生生物の保護活動であるが、飯江川でのニホンウナギのサンクチュアリ作りは、自然環境を保全してニホンウナギが飯江川で生息できるようにするための活動である。
 飯江川では夏になると農業用の水が不足するために、貯水するための可動堰が至る所に建設され、魚類が海と川を自由に行き来できなくなっている。海(マリアナ海溝周辺の海山)で生まれて、温帯域の河川または湖沼で成長するニホンウナギが海から侵入できなくなっている。これらの堰が造られたのはおおよそ30年前であると言うことである。現在では天然のウナギは飯江川の中流から上流では姿を見ることが出来なくなった。

石倉かごでの魚類調査結果
 
7,調査の様子
 
2021年4月17日 魚類調査実施場所 飯江川(日当川)
みやま市高田町舞鶴(山川町)舞鶴ふれあい公園 

 
2020年10月10日 石倉かご設置の様子
桜舞館小学校の子供たちと一緒に石倉かごを設置しました!
ご協力感謝します!新型コロナウイルスの流行が収まったらまた来てね❤

 
左から、九州大学 島崎研一郎教授、京都大学 山下洋名誉教授、九州大学 望岡典隆准教授です。

・電気ショッカーによる魚類調査
 
岩場に隠れている魚に、望岡教授お手製の電気ショッカーで微量の電気を流し、魚類調査をしました。オイカワ、ナマズ、ドジョウ、ドンコなどが確認されました!!
 
両手に乗り切れないほどの大きいナマズが捕獲されました!!

・石倉かごによる魚類調査
 
石倉かごを引き上げている様子
とても重くて女子部員は、ひぃひぃ言いながら引き上げました

 
石倉かごの中に入っている生物を確認している様子


 
ウナギ6匹を含め、合計53匹の魚類が確認されました。
やったあー!!

・ウナギ放流の様子
 
80匹のウナギを放流しました!
元気に育てばいいな❤❤❤
考察とまとめ
 飯江川でのニホンウナギ稚魚標識放流は2020年から行った。放流した全てのウナギ稚魚の腹腔には鉄片探知機に反応しやすい直径0.2mm,長さ2mmのワイヤータグを装着した。放流個体数は2020年だけで611尾である。放流個体のデータは以下の通りである。
 
 2020年10月10日の放流個体のうち50個体には腹腔内のワイヤータグと併せてピンクのイラストマー蛍光標識で1番の位置に標識し,舞鶴ふれあい公園から約2km下流に放流した。
 
イラストマー標識個体の放流場所は新幹線高架橋の飯江川上流部の可動堰の直に上流で,この堰は多分ウナギ稚魚が登ることはできない。この堰の上流に更に4つの河川横断物である堰がある(下図の①~④)。今回の石倉かごモニタリングで,この4つの堰をイラストマー標識ウナギが登攀してゴールの舞鶴ふれあい公園の石倉かごに入っているか調べることができる。
 
 
4つの堰のうち自然度の高い②番の堰もあるが,①番の堰は魚道はあるが魚道に水は流れていない。飯江川の可動堰は,豪雨災害時に堰を倒して水を流しやすくするという効果もある。
  
2021年4月17日の石倉かごモニタリングで6尾のニホンウナギ稚魚を捕獲した。
 
捕獲したウナギ稚魚は,全て鉄片探知機の反応が起こり,私たちが昨年放流した611尾のうちの6尾ということが分かったことから,飯江川の中流域には天然ウナギは生息していない可能性が大きくなり,可動堰がウナギの移動を妨げている可能性が大きくなった。また,再捕獲した6尾のウナギは全てイラストマー蛍光標識で標識されていなかったので,上記の4つの堰を越えて遡上した個体ではなかった。やはり,堰はウナギの移動を妨げていることが考えられる。しかし,飯江川で放流した時に比べ体長,湿重量共に大きく成長しており,堰を越えることができれば飯江川で十分成長できることも考えられる。
次に飯江川で放流したウナギの体長と湿重量の関係を表すグラフを示す。
 
また,現在までに柳川掘割で再捕獲したウナギよりも飯江川で再捕獲したウナギの方が成長していた。以下に柳川掘割で再捕獲したウナギの体長と湿重量の関係を示す。
 
次に2020年の放流個体全個体の体長と湿重量の関係を表したグラフを示す。
 
2020年の放流個体4303尾のうち,611尾を飯江川に放流した。

私たちの活動は,北部九州河川利用協会の「令和3年度河川利用推進支援事業」の支援を受けています。


福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved