ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
02|2021/03|04

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031


カレンダーと同期
【新着一覧】

2021年7月28日
吹奏楽部 校内サマーコンサートを開催しました新着

2021年7月25日
演劇部 引退公演を行いました

2021年7月22日
柳川掘割でニホンウナギを放流!&石倉かごモニタリング!&命をいただき、掘割の恵みに感謝する会!新着

2021年7月5日
第23回水大賞農林水産大臣賞受賞を柳川市長にご報告新着

2021年6月30日
みやま市長松嶋様と教育長待鳥様へ農林水産大臣賞受賞のご報告を行いました新着

2021年6月13日
自然科学部,ドローンを導入し,活動の幅を広げるぞ!新着

2021年6月12日
東京都立大学教授横山先生のZoomミーティングによるオンライン授業新着

2021年6月5日
三学会合同福岡大会2021でのポスター発表

2021年5月30日
立花いこいの森公園でホタルの観察会を行いました!新着

2021年5月3日
クスノキ落葉でミズカビ病が治癒した!自然科学部新着
船上から柳川掘割の護岸調査 自然科学部新着

2021年4月18日
第1回飯江川原流域“ウナギとホタルを人がつなぐ”広葉樹植樹祭 自然科学部!新着

2021年4月17日
第1回飯江川の石倉かごおよび電気ショッカーによる魚類の調査を実施 自然科学部!新着

2021年3月27日
柳川でホタル放流  私たちの水環境を守ろう!自然科学部の挑戦新着

2020年10月24日
石倉かごモニタリングで放流したウナギ3尾再捕獲!とアースウオッチジャパンとの放流!

2020年10月16日
「知事のふるさと訪問~福岡県の未来を語ろう~柳川編~」 自然科学部が描く地域創生

2020年10月10日
自然科学部 桜舞館小学校の子供たちと飯江川に石倉かごを設置し,ニホンウナギ稚魚の標識放流を行う!

2020年7月4日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするために 令和2年第1回稚ウナギ放流会

2020年3月31日
ニホンウナギ稚魚の飼育環境におけるクスノキ落葉の役割と感染症について考える

2020年3月23日
自然科学部 ウナギの水槽に落葉を入れるとアンモニア濃度が減少することについて

2021年3月27日

柳川でホタル放流  私たちの水環境を守ろう!自然科学部の挑戦新着



 令和3327日,柳川市にある立花いこいの森公園の水路でホタルの幼虫を放流しました。ホタルの放流は今回が初めてです。放流の様子は,328()655745NHKで放映されました。また,46日の有明新報でもホタル幼虫放流の様子が報道されました。

 伝習館高校自然科学部は202010月に,柳川市都市計画課の方々と福岡県ほたるの会副会長の藤生桂子先生からヘイケボタルの幼虫200匹を譲り受け,水槽で飼育を行ってきました。そして今回,私たちが育てたヘイケボタル122匹と,藤生先生が育てたゲンジボタル131匹の計253匹を放流しました。



 水の環境の変化に敏感で繊細な生き物であるホタルは,川や池の水質を測る自然のバロメーターとも言われ,各地でホタルを再生することは地域全体で環境への意識を高めることに繋がります。そこで今回の放流会には,山川ほたる保存会やマスコミ記者の方々にも来ていただき,活動を広めていただきました。



 ホタルの幼虫は非常に小さく,60センチ水槽で育てるには扱いにくいこともありましたが,ホタルの幼虫が主に食べるカワニナという貝と,そのエサであるイヌビワやハクサイの葉を一緒に水槽に入れて,約半年間育てました。ホタルの幼虫がカワニナを食べた後の貝殻は,幼虫の安全な住処にもなります。水質の管理を徹底するために,ホタルやカワニナの排出物に含まれるアンモニアによる水質の変化をパックテストで定期的に測定しながら,適宜水槽の水替えを行った結果,今回飼育したヘイケボタルのうち62.6%を放流することができました。この生存率はかなり低いように感じられますが,水質や水温などの環境に対してきわめてデリケートであるホタルを死亡させずに飼育することはベテランの方でも容易でなく,今回の成果は素晴らしいものだと称賛していただきました。しかしながら,私たちもあらゆる工夫を凝らすことでホタルの生存率をさらに上げることは可能であると考えています。特に今回の飼育では,ニホンウナギの研究で主に使用しているクスノキ落葉を使ってみると効果があるのではないかと考えて試してみたのですが,実際には逆効果でカワニナが大量に死んでしまい,原因はまだ分かっていませんが,その影響でホタルの生存率が低かったことも考えられます。今年も新たにホタルを飼育できるならば,アンモニア濃度だけでなくCOD(化学的酸素要求量)の測定も行いながら水替えを行ったり,水槽内の掃除をこまめに行ったりすることで水質の維持を徹底し,少しでも多くのホタルを生き残らせることができるよう努 めたいと思います。





 ホタルを放流した後には,藤生先生よりホタルの生態やこれまでのホタル再生活動についてお話ししていただきました。かつて柳川では,様々な地域の掘割や河川でホタルが美しい光を放ちながら飛び交う姿が見られたそうですが,高度経済成長期に差しかかると,以前のように生活用水を掘割から取り入れる必要がなくなったことや工場からの排水による水質汚濁を原因として急激に掘割の環境が悪化し,ホタルのほとんどが姿を消してしまいました。そこで柳川市は,掘割の環境を取り戻し,ホタルを復活させるための対策を始め,1998年から立花いこいの森公園内でホタル水路の整備を進めて幼虫の放流などを行うようになりました。2011年の九州北部豪雨で公園の近くを流れる沖端川の堤防が決壊し,公園が壊滅的な被害を受けたこともありましたが,ホタルの飛び交う柳川を復活させたいという強い思いで公園は再建され,現在に至っています。さらに昨年度から,「ホタルの舞う環境整備事業」として環境を改善し多くの幼虫を育てるために,水路の浚渫などの整備工事を行うとともに,私たち伝習館高校自然科学部と共にホタルを飼育するようになりました。



放流したホタルの幼虫は地面にもぐって蛹になり,50日ほど経過すると成虫になります。ホタルが成虫へと変態するとき,水中生活だったものが陸上に上がって泥繭を作り蛹になることを「丘上り」というそうです。5月中旬に羽化し,いこいの森公園でホタルの幻想的な乱舞を見ることができれば,それは私たちが放流したホタルです。柳川のホタル再生事業は,まだまだこれからの活動に懸かっています。私たちはこの取組の若き担い手として,かつてのように各地でホタルが飛び交う美しい柳川の水環境を作れるように,ホタルの復活に向けて今後も努力していきたいと思います。


私たちの活動は、柳川市と北部九州河川利用協会の「令和3年度河川利用推進支援事業」の支援を受けています。


福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved