ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
07|2019/08|09




123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カレンダーと同期
【新着一覧】

2021年6月13日
自然科学部,ドローンを導入し,活動の幅を広げるぞ!新着

2021年6月12日
東京都立大学教授横山先生のZoomミーティングによるオンライン授業新着

2021年6月5日
三学会合同福岡大会2021でのポスター発表

2021年5月30日
立花いこいの森公園でホタルの観察会を行いました!新着

2021年5月3日
クスノキ落葉でミズカビ病が治癒した!自然科学部新着
船上から柳川掘割の護岸調査 自然科学部新着

2021年4月18日
第1回飯江川原流域“ウナギとホタルを人がつなぐ”広葉樹植樹祭 自然科学部!新着

2021年4月17日
第1回飯江川の石倉かごおよび電気ショッカーによる魚類の調査を実施 自然科学部!新着

2021年3月27日
柳川でホタル放流  私たちの水環境を守ろう!自然科学部の挑戦新着

2020年10月24日
石倉かごモニタリングで放流したウナギ3尾再捕獲!とアースウオッチジャパンとの放流!

2020年10月16日
「知事のふるさと訪問~福岡県の未来を語ろう~柳川編~」 自然科学部が描く地域創生

2020年10月10日
自然科学部 桜舞館小学校の子供たちと飯江川に石倉かごを設置し,ニホンウナギ稚魚の標識放流を行う!

2020年7月4日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするために 令和2年第1回稚ウナギ放流会

2020年3月31日
ニホンウナギ稚魚の飼育環境におけるクスノキ落葉の役割と感染症について考える

2020年3月23日
自然科学部 ウナギの水槽に落葉を入れるとアンモニア濃度が減少することについて

2020年1月18日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするための調査

2019年12月24日
令和元年度の締めくくり!伝習館高校自然科学部ニホンウナギ稚魚を124尾放流!

2019年12月21日
令和元年最後の石倉かごモニタリングで放流したニホンウナギを7尾再捕獲!伝習館高校以前科学部

2019年12月15日
矢部川シンポジウム「私たちの水環境」で伝習館高校自然科学部が発表

2019年12月8日
第5回全国ユース環境発表大会九州・沖縄地方大会に自然科学部「先生が選ぶ特別賞」を受賞

2019年8月2日

伝習館高校自然科学部九州地方ユースSDGsフォーラムに参加

期 日:令和元年82

場 所:TKP博多駅前シティセンター

主 催:独立行政法人環境再生保全機構

協 力:環境省ほか


テーマは,九州発ユースが提案する『持続可能な社会づくり!』。

一人の少女が1992年リオデジャネイロで開催された地球サミットで行った6分間の伝説的スピーチを見て,今から15年ほど前に読んだ本を思い出させていただいた。本の題名は「あなたが世界を変える日・12歳の少女が語った伝説のスピーチ」で,この本を読んで私の生き方は変わった。


映像で見たのは初めてで,セヴァン・スズキさんの肉声を聞いたのも初めて。呼吸もできないほどビデオに釘付けになった。生徒には,照れくさかったのでこのことは言わなかったが,このユースSDGsフォーラムを主催している人たちも私と同じ気持ちなのかと妙に親近感がわいてきた。

このフォーラムに参加した理由は,環境のために何か実践している意識の高い高校生と伝習館高校の生徒を交流させたかったからだった。ワークショップでは私は15番目のゴールを選んだ。そこに集まったのは大分県立日田高校のジビエ班の生徒たちと熊本県立南稜高校の生徒さんたちと引率の森田先生だった。日田高校とは2017年の笹川平和財団海洋教育パイオニアスクールプログラム地域創生の連携校になっていただいたご恩もあり,生徒が自分たちが見つけた地域の課題を自分たち目線で解決するための方法を模索していることに感心し,私もイノシシ肉や地鶏料理を好むので彼女たちの取組にエールを送った。日田高校の取組は156のターゲットに当たるのかと思う。南稜高校は自分たちでペットボトルで作った鉢で自分たちが集めた種子から苗を育てその地域の樹木の遺伝子を維持するとともに広葉樹の植林を行っている。なんと,100本も苗を植林したという。これはすごい,自信を持って良いと思う。このことをしっかりと伝えた。これは15のbのターゲットにあたる。南稜高校引率の森田先生と生徒さんに伝えたが,ウナギが成長できる川に戻す場合,川の上流域の環境が重要で,今,ターゲットにしようと考えているみやま市を流れる飯江川の上流の孟宗竹林と針葉樹植林をなんとかする時に協力していただけるそうだ。海や川の環境を整えようと考えると陸域の環境を改善する必要があることに気付く。私たちは柳川掘割をニホンウナギのサンクチュアリにしようとしているが,その過程でそこに住む人たちの協力や合意形成など,里に住む人々の力が必要になる。生徒も,このことに気付いてほしいと考えている。

 



 

これからも,生徒共々この関係を維持していくために努力したいと思っています。

私たちの活動は,(一社)北部九州河川利用協会の「令和元年度河川利用推進支援事業」の助成を受けています。

水質分析装置AL800は「藤原ナチュラルヒストリー振興財団」の助成を受けて購入しました。

石倉かごはパルシステム東京の助成金を使わせていただき購入させていただきました。

以上の皆様には感謝しています。



福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved