ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
01|2019/02|03





12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728

カレンダーと同期
【新着一覧】

2019年9月18日
伝習伝習館高校自然科学部 銀ウナギ(下りウナギ)を放流し,ニホンウナギの保全へ第一歩新着

2019年8月25日
伝習館で飼育したニホンウナギ稚魚442尾,柳川掘割に放流!新着

2019年8月23日
吹奏楽部 夏季合宿を行いました新着
伝習館高校自然科学部が放流したウナギが46cmに成長し釣り上げられた新着

2019年8月2日
伝習館高校自然科学部九州地方ユースSDGsフォーラムに参加新着

2019年7月27日
伝習館高校自然科学部京都大学森里海キャラバン芦生研究林ワークショップに参加新着

2019年7月20日
伝習館高校自然科学部と伝習館同窓会みやま支部共同の飯江川視察新着

2019年7月19日
伝習館高校自然科学部が第53回ウナギ供養祭に参列新着

2019年7月8日
うな丼の未来7(東京大学にて)で伝習館高校自然科学部発表新着

2019年6月26日
二丁井樋のシラスウナギを登攀させる簡易魚道の撤去!伝習館高校自然科学部新着

2019年6月2日
飼育中のニホンウナギ水槽の水質検査!伝習館高校自然科学部新着

2019年5月28日
ウナギを捌きウナギを食べて柳川の食文化と命の繋がりを学ぶ-伝習館高校自然科学部新着

2019年5月25日
京都大学フィールド科学教育センターとの高大連携キャラバンキックオフ!伝習館高校自然科学部新着

2019年5月20日
令和元年度,最初のニホンウナギ稚魚の放流!伝習館高校自然科学部新着

2019年5月19日
長さ25cmほどのウナギの稚魚が発見!市民からの情報で!伝習館高校の南門の水路で!新着

2019年5月5日
絶滅危惧ニホンウナギ稚魚,シラスウナギの特別採捕,伝習館高校自然科学部

2019年4月28日
演劇部3年生引退公演

2019年3月28日
自然科学部,平成31年度日本水産学会春季大会高校生発表で2年連続「奨励賞」受賞・東京同窓会との交流・「セシウムと少女」監督の才谷遼監督との会食を行いました

2019年2月23日
九州大学望岡研究室との共同研究「二丁井樋の仮説魚道でシラスウナギが柳川掘割に遡上するのか検証する!」

2019年1月27日
WWFジャパン北部九州高校生ワークショップに自然科学部参加

2019年2月23日

九州大学望岡研究室との共同研究「二丁井樋の仮説魚道でシラスウナギが柳川掘割に遡上するのか検証する!」

223日に九州大学農学部,伝習館高校の共催で二丁井樋の調査をしました。

 

この調査を行った理由は,シラスウナギを柳川掘割に自力で入ってきてもらうための魚道を二丁井樋に設置するための空間把握と,実際にシラスウナギが水門に来ているのか,そのほかにどんな生物がいるのかを知るためです。

 

 調査方法は掘干し時で干潮の時に二丁井樋の水門を開け,水門の中に入り,水門の中にいた生物を捕獲して調査します。

 

↑掘干しの様子。普段は隠れている石倉かごの全体が見えている。


↑二丁井樋の水門(掘干し時)

 


↑水門の中に入り生物を捕獲している様子。

 


↑試作品の魚道で設置場所を決めている様子。

 


↑昔の二丁井樋の構造。ほとんど現在と変わらず,川から沖端川までの距離が長くなった。

 

この調査の結果,樋管の中で小さいエビとシラスウナギを4尾捕獲することができました。


↑捕獲したシラスウナギの様子。このウナギは,FA100で麻酔をかけています。麻酔が覚めるとまた,元気に泳ぎ出しました。

 

 捕獲したシラスウナギは伝習館高校に持ち帰って飼育しています。


現在,生物部ではこの調査結果を生かして二丁井樋に設置する魚道作りに励んでいます。


↑作成中の魚道。

 

46日に魚道を二丁井樋に設置する予定です。

 

私たちの活動は平成30年度までは笹川平和財団の助成を受けていました。関係の皆様にはお礼申し上げます。

 

しかし,地域に根ざした活動を行うために,平成31年度より,北部九州河川利用協会の助成を受ける予定です。

 

 

 


福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved