ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
12|2019/01|02


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

カレンダーと同期
【新着一覧】

2019年5月20日
令和元年度,最初のニホンウナギ稚魚の放流!伝習館高校自然科学部新着

2019年5月5日
絶滅危惧ニホンウナギ稚魚,シラスウナギの特別採捕,伝習館高校自然科学部

2019年4月28日
演劇部3年生引退公演新着

2019年3月28日
自然科学部,平成31年度日本水産学会春季大会高校生発表で2年連続「奨励賞」受賞・東京同窓会との交流・「セシウムと少女」監督の才谷遼監督との会食を行いました新着

2019年2月23日
九州大学望岡研究室との共同研究「二丁井樋の仮説魚道でシラスウナギが柳川掘割に遡上するのか検証する!」新着

2019年1月27日
WWFジャパン北部九州高校生ワークショップに自然科学部参加

2018年9月10日
高文連 筑後地区美術・工芸展において特選受賞

2018年8月31日
芸術部(美術) 高文連県実技講習会に参加

2018年8月19日
書道部「書のパフォーマンス」イベント出演

2018年8月18日
生物班は,ニホンウナギ稚魚197尾放流!放流の様子はNHKで8月19日,放送!

2018年8月2日
平成30年度 高文連演劇部門筑後地区夏期ゼミナール

2018年6月26日
生物部「第20回日本水大賞」の文部科学大臣賞を受賞しました

2018年6月7日
「絶滅危惧種ニホンウナギを食べて命の繋がりを実感する会」を今年もやりました

2018年5月31日
日本文化部茶華道部門

2018年5月27日
生物部 福岡女子大の竹内亮先生と女子の学生さんとのワークショップを行いました

2018年5月12日
生物部 京都大学の田川正朋先生からウナギ稚魚の生態実験の指導を受けました

2018年5月5日
演劇部3年生引退公演

2018年4月25日
弁論・放送部 松浦さんを全校生徒が壮行会で激励!!

2018年4月21日
やながわ有明海水族館一日館長を生物部が務めた~館長小宮君のもとでの修業~

2018年4月15日
生物部「アサリ収穫祭」有明の本物のアサリを獲って味わう

2019年1月27日

WWFジャパン北部九州高校生ワークショップに自然科学部参加

平成31年1月27日,世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)主催の,「水田・水路の生物多様性と農業の共生 高校生ワークショップ」に参加しました。

 

このワークショップでは,佐賀県,福岡県,熊本県にまたがる水田地区において,絶滅危惧種を含む野生生物を守り,農業と共生を目指すために,地元高校生と共に将来の水田・水路について考えることを目的とされています。

 

この日参加したのは,佐賀県立佐賀西高等学校サイエンス部生物班,福岡県立筑紫丘高等学校生物部,福岡県立伝習館高等学校自然科学部生物班,福岡大学附属大濠中学校・高校,海城中学高等学校の生徒および教諭,有明海水族館館長の約30名です。

 

 

 まず,佐賀県佐賀市東与賀町に位置する干潟よか公園へ行き,佐賀市役所の方から,東与賀地区の水田地帯で行われている「シギの恩返し米プロジェクト」についてのお話をして頂きました。

 

「シギの恩返し米プロジェクト」は,東与賀のお米作りを通して,人と生き物と自然環境の共生を目指し,様々な工夫を凝らしながら生産者や行政,専門家の方々が共同で行われています。

 

もともと行ってきた特別栽培の方法に加え,北山ダムの底質土や,リンや窒素を多く含む下水由来の肥料を使用し,ITを駆使した持続可能な農業を取り入れた新たな農法でお米を栽培されています。

 

加えて,生き物にとっても適した環境を維持するために,水田に環境活性化コンクリートやクリークを繋ぐ魚道を設置したり,農薬や化学肥料を減らしたり,地域での環境保全や啓発活動などを行われているそうです。

 

その中でも印象的だったのは,「冬水田んぼ」の取り組みです。冬水田んぼとは,シギたちの遊び場・休憩所として,水田の一部を冬の間作物を栽培せず一面に水を張ることです。

冬になると,冬水田んぼに多くの渡り鳥が飛来してくるそうです。

 

 

 そして,プロジェクトが行われている東よか干潟と冬水田んぼへ移動し現地観察を行いました。

 

 東よか干潟は,日本一のシギ・チドリ類の渡来地で,平成275月にラムサール条約湿地に登録された重要な干潟です。

 私たちも実際に,広大な湿地に多くの水鳥たちの姿を見ることができ,一面に広がる豊かな自然に圧倒されました。

 

 

これは,冬水田んぼを視察している様子です。

 

 

 水田魚道も確認することができました。水田と自然豊かな水路を魚が行き来できます。



 

これらの永続的な共生を育むための取り組みが,東与賀の豊かで美しい自然を残し,シギなどの多くの野鳥たちの憩いの場となったそうです。そして付近のクリークには,絶滅危惧種を含む貴重な生き物たちの姿も見られるようになったようです。

このプロジェクトで生まれたお米は,「シギの恩返し米」としてブランド化されています。

 

私たちは,このお米を昼食で実際にいただきました。柔らかくもちもちしていてとても美味しかったです。

 

昼食後,ワークショップを行いました。

WWFの並木さんから,日本の水田・水路における生態系と農業の現状についての話をしていただきました。驚いたことは,自然の土や板でできた水路を持つ水田では生物多様性が高いということでした。

 

そして,班に分かれロールプレイングゲームを行いました。

内容は,農家・行政・自然保護団体・物流企業関係者・消費者の5つの役柄とそれぞれの立場の主張が書かれた紙を渡され,自分に回ってきた紙に書いてある役になりきって意見を交換し合うものでした。

 

異なる立場の主張がぶつかり合い,意見を1つにまとめることが難しかったのですが,互いに納得できる解決策を導き出し,それを付箋に書き出し模造紙にまとめ,班ごとに発表しました。

 


 

班ごとに,個性のある解決策が生まれていて,様々な意見を交換できて楽しかったです。

 

 

今回参加したワークショップを通して,私たちの暮らしが豊かに且つ,生き物や自然を永続的に守るためにはどうすべきかを考えることができました。

 

人と生き物と自然の共生を目指すためには,農家や行政,地域の方々など,様々な立場の人たちが互いに納得できる方法を見いだし,そしてそれを実践していかなくてはなりません。しかし,それぞれの立場には各々の主張や信念があり,地域全体が一丸となって取り組むことはなかなか難しいことだと,ロールプレイングゲームで実感しました。

結局,昔ながらの水田を維持するのは農家の方ですから,生物多様性を維持するのに,農家の方に行政や農産物を扱う物流企業関係者,消費者,自然保護団体などみんなの協力が必要なので,みんなが協力できるような仕組み作りが必要だと思います。

 

まずは,生態系や農業の現状を沢山の方々に知ってもらい,そしてこれからの環境がどのようであるべきかを親身になって考えることが大事だと思います。

東与賀の「シギの恩返し米プロジェクト」のように,人と生き物が共生できる環境づくりができれば,より豊かで美しい未来を創っていけると思います。



写真提供WWFジャパン


福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved