ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
05|2018/06|07





12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
カレンダーと同期
【新着一覧】

2020年3月31日
ニホンウナギ稚魚の飼育環境におけるクスノキ落葉の役割と感染症について考える新着

2020年3月23日
自然科学部 ウナギの水槽に落葉を入れるとアンモニア濃度が減少することについて新着

2020年1月18日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするための調査

2019年12月24日
令和元年度の締めくくり!伝習館高校自然科学部ニホンウナギ稚魚を124尾放流!

2019年12月21日
令和元年最後の石倉かごモニタリングで放流したニホンウナギを7尾再捕獲!伝習館高校以前科学部

2019年12月15日
矢部川シンポジウム「私たちの水環境」で伝習館高校自然科学部が発表

2019年12月8日
第5回全国ユース環境発表大会九州・沖縄地方大会に自然科学部「先生が選ぶ特別賞」を受賞

2019年12月7日
eco-1グランプリ最終審査会に伝習館高校自然科学部出場

2019年11月10日
伝習館高校自然科学部「全国アマモサミット2019みやぎ」に参加して

2019年11月4日
アースウオッチジャパン参加者とウナギ稚魚を173尾放流

2019年10月27日
ふしぎいっぱい自然探検隊,福岡県のボランティアに参加(主催:福岡県南筑後保健福祉環境事務所)

2019年10月23日
産卵のため海へ戻る直前の銀ウナギを柳川観賞魚センターから23尾購入し,二丁井樋で放流

2019年9月18日
伝習伝習館高校自然科学部 銀ウナギ(下りウナギ)を放流し,ニホンウナギの保全へ第一歩

2019年8月25日
伝習館で飼育したニホンウナギ稚魚442尾,柳川掘割に放流!

2019年8月23日
吹奏楽部 夏季合宿を行いました
伝習館高校自然科学部が放流したウナギが46cmに成長し釣り上げられた

2019年8月2日
伝習館高校自然科学部九州地方ユースSDGsフォーラムに参加

2019年7月27日
伝習館高校自然科学部京都大学森里海キャラバン芦生研究林ワークショップに参加

2019年7月20日
伝習館高校自然科学部と伝習館同窓会みやま支部共同の飯江川視察

2019年7月19日
伝習館高校自然科学部が第53回ウナギ供養祭に参列

2018年6月26日

生物部「第20回日本水大賞」の文部科学大臣賞を受賞しました

 第20回日本水大賞の授賞式・受賞活動発表会が日本科学未来館(江東区青海)で平成30年6月26日に行われました。

 伝習館高校生物部は,平成26年から続けている柳川掘割をニホンウナギのサンクチュアリにするための研究をまとめ「森里海の繋がりから見えてきたニホンウナギと私たちの未来~特別採捕・飼育・放流から~」と題し,発表しました。授賞式は,丹羽文部科学副大臣から表彰していただきました。

 また,柳川はウナギのせいろ蒸し発祥の地で,ウナギは食文化としても地域と密接に関係がある生き物です。有明海につながる柳川に分布するクリークにかつて生息していたニホンウナギには森里海のエコトーンが必要な生き物であることに着目し、その復活を目標にした採捕・飼育・放流を行いながら継続的なモニタリングに基づく調査・研究を行っています。また、その活動は、地域の観光や食文化の維持という視点で行っています。この点を評価されて文部科学大臣賞の受賞に繋がったと聞いています。丹羽秀樹副大臣と秋篠宮紀子さまから「これからも頑張ってください」というお言葉をいただきました。


秋篠宮殿下と妃殿下の御前で丹羽副大臣から表彰していただきました。

 


受賞活動の発表を行っています。

 


 


丹羽副大臣から生徒たちに激励のお言葉をいただきました。

 

 


受賞記念パーティでは,秋篠宮殿下と妃殿下から励ましのお言葉をいただきました。また,ウナギの飼育状況を質問していただきました。

 


この様な素晴らしい賞を受賞して光栄です。生徒一同良い経験ができたと考えています。ありがとうございます。

 

私たちの活動は笹川平和財団海洋教育パイオニアスクールプログラムの助成を受けています。

 



福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved