ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
04|2018/05|06


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

カレンダーと同期
【新着一覧】

2019年6月26日
二丁井樋のシラスウナギを登攀させる簡易魚道の撤去!伝習館高校自然科学部新着

2019年6月2日
飼育中のニホンウナギ水槽の水質検査!伝習館高校自然科学部新着

2019年5月28日
ウナギを捌きウナギを食べて柳川の食文化と命の繋がりを学ぶ-伝習館高校自然科学部新着

2019年5月25日
京都大学フィールド科学教育センターとの高大連携キャラバンキックオフ!伝習館高校自然科学部新着

2019年5月20日
令和元年度,最初のニホンウナギ稚魚の放流!伝習館高校自然科学部新着

2019年5月19日
長さ25cmほどのウナギの稚魚が発見!市民からの情報で!伝習館高校の南門の水路で!新着

2019年5月5日
絶滅危惧ニホンウナギ稚魚,シラスウナギの特別採捕,伝習館高校自然科学部

2019年4月28日
演劇部3年生引退公演

2019年3月28日
自然科学部,平成31年度日本水産学会春季大会高校生発表で2年連続「奨励賞」受賞・東京同窓会との交流・「セシウムと少女」監督の才谷遼監督との会食を行いました新着

2019年2月23日
九州大学望岡研究室との共同研究「二丁井樋の仮説魚道でシラスウナギが柳川掘割に遡上するのか検証する!」新着

2019年1月27日
WWFジャパン北部九州高校生ワークショップに自然科学部参加

2018年9月10日
高文連 筑後地区美術・工芸展において特選受賞

2018年8月31日
芸術部(美術) 高文連県実技講習会に参加

2018年8月19日
書道部「書のパフォーマンス」イベント出演

2018年8月18日
生物班は,ニホンウナギ稚魚197尾放流!放流の様子はNHKで8月19日,放送!

2018年8月2日
平成30年度 高文連演劇部門筑後地区夏期ゼミナール

2018年6月26日
生物部「第20回日本水大賞」の文部科学大臣賞を受賞しました

2018年6月7日
「絶滅危惧種ニホンウナギを食べて命の繋がりを実感する会」を今年もやりました

2018年5月31日
日本文化部茶華道部門

2018年5月27日
生物部 福岡女子大の竹内亮先生と女子の学生さんとのワークショップを行いました

2018年5月27日

生物部 福岡女子大の竹内亮先生と女子の学生さんとのワークショップを行いました

自然科学部生物班は5月27日(日)福岡女子大学の竹内亮先生と福岡女子大学の学生さん4名とワークショップと荒尾干潟の観察会を行いました。

 

 竹内亮先生は京都大学で環境経済学を学ばれた後,福岡女子大学でご自身の研究と学生さんの指導をされています。竹内先生は里山,里海での経済活動と自然資本が如何に関係があり,地域の人たちが自然資本を利用し持続循環型の経済をご研究されています。

 今回の企画は,京都大学名誉教授の田中克先生が竹内亮先生に声をかけていただき実現しました。


田中克先生より

有明海の腎肺機能を担う干潟が今どのような環境なのか,実際に自分の足で歩き干潟を体験することが大事です。

皆さんが干潟を体験されて,どのように思われるか,この思いを大切に学びを重ねて行ってください。

この様にすることで,今回のフィールドワークが次世代の社会のデザインを考えるための意義あるものとなると思っています。


竹内亮先生の講義

◎自然と社会経済の関係とは。

◎自然資本とは何か。

◎里山から見る自然と社会の変遷。

◎環境問題の原因とは。

 以上のことを講義していただきました。

 


さあ,みんなで考えましょう。

◎自然資本としての有明海は?

◎干潟を再生するには?

 

午後は有明伊貝の干潟のフィールドワークを行います。

竹内先生今日は一日ありがとうございました。4人の学生さんを連れてきていただき,私たちも深い学びと,体験的な学習ができました。

 

私たちの活動は笹川平和財団海洋教育パイオニアスクールプログラムの助成を受けています。


 

 

 

 

 

 

 


福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved