ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
04|2018/05|06


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

カレンダーと同期
【新着一覧】

2020年7月4日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするために 令和2年第1回稚ウナギ放流会新着

2020年3月31日
ニホンウナギ稚魚の飼育環境におけるクスノキ落葉の役割と感染症について考える新着

2020年3月23日
自然科学部 ウナギの水槽に落葉を入れるとアンモニア濃度が減少することについて新着

2020年1月18日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするための調査

2019年12月24日
令和元年度の締めくくり!伝習館高校自然科学部ニホンウナギ稚魚を124尾放流!

2019年12月21日
令和元年最後の石倉かごモニタリングで放流したニホンウナギを7尾再捕獲!伝習館高校以前科学部

2019年12月15日
矢部川シンポジウム「私たちの水環境」で伝習館高校自然科学部が発表

2019年12月8日
第5回全国ユース環境発表大会九州・沖縄地方大会に自然科学部「先生が選ぶ特別賞」を受賞

2019年12月7日
eco-1グランプリ最終審査会に伝習館高校自然科学部出場

2019年11月10日
伝習館高校自然科学部「全国アマモサミット2019みやぎ」に参加して

2019年11月4日
アースウオッチジャパン参加者とウナギ稚魚を173尾放流

2019年10月27日
ふしぎいっぱい自然探検隊,福岡県のボランティアに参加(主催:福岡県南筑後保健福祉環境事務所)

2019年10月23日
産卵のため海へ戻る直前の銀ウナギを柳川観賞魚センターから23尾購入し,二丁井樋で放流

2019年9月18日
伝習伝習館高校自然科学部 銀ウナギ(下りウナギ)を放流し,ニホンウナギの保全へ第一歩

2019年8月25日
伝習館で飼育したニホンウナギ稚魚442尾,柳川掘割に放流!

2019年8月23日
吹奏楽部 夏季合宿を行いました
伝習館高校自然科学部が放流したウナギが46cmに成長し釣り上げられた

2019年8月2日
伝習館高校自然科学部九州地方ユースSDGsフォーラムに参加

2019年7月27日
伝習館高校自然科学部京都大学森里海キャラバン芦生研究林ワークショップに参加

2019年7月20日
伝習館高校自然科学部と伝習館同窓会みやま支部共同の飯江川視察

2018年5月27日

生物部 福岡女子大の竹内亮先生と女子の学生さんとのワークショップを行いました

自然科学部生物班は5月27日(日)福岡女子大学の竹内亮先生と福岡女子大学の学生さん4名とワークショップと荒尾干潟の観察会を行いました。

 

 竹内亮先生は京都大学で環境経済学を学ばれた後,福岡女子大学でご自身の研究と学生さんの指導をされています。竹内先生は里山,里海での経済活動と自然資本が如何に関係があり,地域の人たちが自然資本を利用し持続循環型の経済をご研究されています。

 今回の企画は,京都大学名誉教授の田中克先生が竹内亮先生に声をかけていただき実現しました。


田中克先生より

有明海の腎肺機能を担う干潟が今どのような環境なのか,実際に自分の足で歩き干潟を体験することが大事です。

皆さんが干潟を体験されて,どのように思われるか,この思いを大切に学びを重ねて行ってください。

この様にすることで,今回のフィールドワークが次世代の社会のデザインを考えるための意義あるものとなると思っています。


竹内亮先生の講義

◎自然と社会経済の関係とは。

◎自然資本とは何か。

◎里山から見る自然と社会の変遷。

◎環境問題の原因とは。

 以上のことを講義していただきました。

 


さあ,みんなで考えましょう。

◎自然資本としての有明海は?

◎干潟を再生するには?

 

午後は有明伊貝の干潟のフィールドワークを行います。

竹内先生今日は一日ありがとうございました。4人の学生さんを連れてきていただき,私たちも深い学びと,体験的な学習ができました。

 

私たちの活動は笹川平和財団海洋教育パイオニアスクールプログラムの助成を受けています。


 

 

 

 

 

 

 


福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved