ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
03|2018/04|05
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930




カレンダーと同期
【新着一覧】

2020年3月31日
ニホンウナギ稚魚の飼育環境におけるクスノキ落葉の役割と感染症について考える新着

2020年3月23日
自然科学部 ウナギの水槽に落葉を入れるとアンモニア濃度が減少することについて新着

2020年1月18日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするための調査

2019年12月24日
令和元年度の締めくくり!伝習館高校自然科学部ニホンウナギ稚魚を124尾放流!

2019年12月21日
令和元年最後の石倉かごモニタリングで放流したニホンウナギを7尾再捕獲!伝習館高校以前科学部

2019年12月15日
矢部川シンポジウム「私たちの水環境」で伝習館高校自然科学部が発表

2019年12月8日
第5回全国ユース環境発表大会九州・沖縄地方大会に自然科学部「先生が選ぶ特別賞」を受賞

2019年12月7日
eco-1グランプリ最終審査会に伝習館高校自然科学部出場

2019年11月10日
伝習館高校自然科学部「全国アマモサミット2019みやぎ」に参加して

2019年11月4日
アースウオッチジャパン参加者とウナギ稚魚を173尾放流

2019年10月27日
ふしぎいっぱい自然探検隊,福岡県のボランティアに参加(主催:福岡県南筑後保健福祉環境事務所)

2019年10月23日
産卵のため海へ戻る直前の銀ウナギを柳川観賞魚センターから23尾購入し,二丁井樋で放流

2019年9月18日
伝習伝習館高校自然科学部 銀ウナギ(下りウナギ)を放流し,ニホンウナギの保全へ第一歩

2019年8月25日
伝習館で飼育したニホンウナギ稚魚442尾,柳川掘割に放流!

2019年8月23日
吹奏楽部 夏季合宿を行いました
伝習館高校自然科学部が放流したウナギが46cmに成長し釣り上げられた

2019年8月2日
伝習館高校自然科学部九州地方ユースSDGsフォーラムに参加

2019年7月27日
伝習館高校自然科学部京都大学森里海キャラバン芦生研究林ワークショップに参加

2019年7月20日
伝習館高校自然科学部と伝習館同窓会みやま支部共同の飯江川視察

2019年7月19日
伝習館高校自然科学部が第53回ウナギ供養祭に参列

2018年4月15日

生物部「アサリ収穫祭」有明の本物のアサリを獲って味わう

期日:平成30年4月15日(日)

場所:佐賀県太良町

 京都大学名誉教授田中克先生が6年前から漁場改善実験を行われている多賀県太良町の平方さんのアサリ漁場のアサリの生育状況を調査し,アサリをたくさん獲って有明海の味を満喫ました。


アサリ漁場にて平方さんと田中克先生の説明を聞きました。

かつてアサリが獲っても獲れないほどいたそうですが,有明海の疲弊とともに壊滅状態になってしまったそうです。田中克先生たちの努力で天然のアサリがやっと食べられるほどに回復しました。

 

 


アサリ漁場に入る前に昼食をいただきました。

 


昨年に比べアサリは大きくなっているそうです。

 


みんなたくさんのアサリをとっていました。有明海産のアサリは,柔らかく身がプリプリしています。これが,有明海の本当の味で,この味を次の世代に残すために,有明海を何とかしなければと思いました。

 


干潟には,アサリ以外にも様々な生き物がいました。

企画していただいた田中克先生,この取組を支えていただいた内山さんをはじめSPERA森里海の皆様に感謝しています。

 

 

 


福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved