ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
02|2018/03|04




123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カレンダーと同期
【新着一覧】

2019年6月26日
二丁井樋のシラスウナギを登攀させる簡易魚道の撤去!伝習館高校自然科学部新着

2019年6月2日
飼育中のニホンウナギ水槽の水質検査!伝習館高校自然科学部新着

2019年5月28日
ウナギを捌きウナギを食べて柳川の食文化と命の繋がりを学ぶ-伝習館高校自然科学部新着

2019年5月25日
京都大学フィールド科学教育センターとの高大連携キャラバンキックオフ!伝習館高校自然科学部新着

2019年5月20日
令和元年度,最初のニホンウナギ稚魚の放流!伝習館高校自然科学部新着

2019年5月19日
長さ25cmほどのウナギの稚魚が発見!市民からの情報で!伝習館高校の南門の水路で!新着

2019年5月5日
絶滅危惧ニホンウナギ稚魚,シラスウナギの特別採捕,伝習館高校自然科学部

2019年4月28日
演劇部3年生引退公演

2019年3月28日
自然科学部,平成31年度日本水産学会春季大会高校生発表で2年連続「奨励賞」受賞・東京同窓会との交流・「セシウムと少女」監督の才谷遼監督との会食を行いました新着

2019年2月23日
九州大学望岡研究室との共同研究「二丁井樋の仮説魚道でシラスウナギが柳川掘割に遡上するのか検証する!」新着

2019年1月27日
WWFジャパン北部九州高校生ワークショップに自然科学部参加

2018年9月10日
高文連 筑後地区美術・工芸展において特選受賞

2018年8月31日
芸術部(美術) 高文連県実技講習会に参加

2018年8月19日
書道部「書のパフォーマンス」イベント出演

2018年8月18日
生物班は,ニホンウナギ稚魚197尾放流!放流の様子はNHKで8月19日,放送!

2018年8月2日
平成30年度 高文連演劇部門筑後地区夏期ゼミナール

2018年6月26日
生物部「第20回日本水大賞」の文部科学大臣賞を受賞しました

2018年6月7日
「絶滅危惧種ニホンウナギを食べて命の繋がりを実感する会」を今年もやりました

2018年5月31日
日本文化部茶華道部門

2018年5月27日
生物部 福岡女子大の竹内亮先生と女子の学生さんとのワークショップを行いました

2018年3月28日

平成30年度日本水産学会春季大会高校生発表で生物部が奨励賞を受賞


 東京海洋大学品川キャンパスにて日本水産学会春季大会が実施された。45年前から,各学会で高校生に発表の機会を与えようとする動きが生まれた。高校生の発表では各分野の専門家(大学職員や大学院生など)が専門分野から見た質問やアドバイスを受けることができるため学者の卵である高校生にとっては非常に勉強になるとともに自分対の研究に対するモチベーションが向上する。また,大方の方からは賞賛の声もいただくことができるためこれからの高校生活における学習の態度にも好影響を得られることと考えている。伝習館高校生物部では平成29年度から日本水産学会春季大会で私たちが行っている柳川掘割をニホンウナギのサンクチュアリにするための研究で1年間に得られた知見をまとめて報告している。

 327日は,佐賀空港から羽田まで航空機で移動し,天王洲アイル駅までモノレールで移動した後に徒歩で東京海洋大学に12時ほどに到着した。東京海洋大学品川キャンパスでは春の陽気に誘われて満開の桜が私たちを迎えてくれた。その後受付を済ませた後,27日のポスター発表会場で九州大学の望岡典隆先生と石倉かごモニタリングの設置でお世話になった鹿島建設環境部の柵瀬信夫さんに挨拶をした後ポスター発表を見学した。

その後,いったん宿泊場所の築地本願寺(東京都中央区築地3-15-1)の宿坊にチェックインし,夜は28日のポスター発表に備え練習とミーティングを行った。


 328日は,早朝から築地本願寺に隣接する今年で閉鎖される築地市場(築地本願寺が築地市場に隣接しているのかもしれないが・・・)の見学を行った。江戸時代にさかのぼること東京の台所として水産物やその他の食にまつわる食材や食に関係する刃物などを扱う商店が所狭しと林立していた。現在の築地市場の建物は平成まで長きにわたり東京都民の胃袋を満たすために機能しており特に昭和の色が濃くタイムトンネルに迷い込んだような気にさせられた。築地の場外市場の一角をなす海鮮丼を扱う飲食店では絶品の朝食をいただくことができた。この風景も今年で見納めとは実に寂しい。人がそこで生きて生活をしているところには文化が生まれる。さらに言うならば,どのような人がどのような環境で,どのような生活を行うかによって文化は独特の色彩を帯びることになり,この立地条件と建物が失われ,人々の生活がかわると今ここにある文化は無くなってしまうのだろう。たとえ,この文化を恋しがって他の場所で再現しようと思ってもそれはまねごとにしか過ぎない。豊洲では,そこで様々なものとの関係性が生まれ,その関係性の中で人々の営みが生まれ,また新しい豊洲の文化が始まり,続いていくのだろう。


 もう一つ報告しておかなければならないことがある。2年生の部長に市場見学の企画自体をすべて任せたが,早朝のルート選びなど下調べを入念に行い地図を作ったりと努力を行っていた。また,道が分からなくなったら町の人に尋ねたりとみんなのためによく働いてくれた。他の生徒も彼のがんばりのために,楽しい時間を過ごすことができたと思っている。私も生徒に任せることで生徒が成長することを実感できた。


 東京海洋大学では2810時にはポスターを貼り終え,高校生発表の審査までたくさんの方々に私たちの発表を聞いていただいた。私たちがお世話になった柵瀬さん,望岡先生や九大の吉国先生,北大の先生や東大の先生が聞きに来てくださった。


7人の生徒は,与えられた役割を全うし,自分で自身の行動を工夫しながら徐々に発表に熟練してきた。やはり,目的を達成するために,自分たちで工夫することは教育の現場で最も必要なことだと思う。生徒達はポスター発表の時間いっぱい説明を続け,たくさんの質問を受けたがしっかりと答えていた。また,多くのアドバイスを頂き今後の研究の新しい方向性を得ることができた。


 この結果,平成30年度日本水産学会春季大会高校生発表に参加した77校の研究のうち,奨励賞をいただくことができた。最優秀賞は1校,優秀賞は5校,奨励賞は13校であった。水産学会で賞をいただくのは初めてのことなので,生徒共々喜んでいる。


 私たちの取り組みは,笹川平和財団海洋教育パイオニアスクールプログラムの助成を受けています。

 

また,私たちの旅費は三井物産からの助成金で賄われています。


 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved