ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
06|2021/07|08




123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カレンダーと同期
【新着一覧】

2021年7月28日
吹奏楽部 校内サマーコンサートを開催しました新着

2021年7月25日
演劇部 引退公演を行いました

2021年7月22日
柳川掘割でニホンウナギを放流!&石倉かごモニタリング!&命をいただき、掘割の恵みに感謝する会!新着

2021年7月5日
第23回水大賞農林水産大臣賞受賞を柳川市長にご報告新着

2021年6月30日
みやま市長松嶋様と教育長待鳥様へ農林水産大臣賞受賞のご報告を行いました新着

2021年6月13日
自然科学部,ドローンを導入し,活動の幅を広げるぞ!新着

2021年6月12日
東京都立大学教授横山先生のZoomミーティングによるオンライン授業新着

2021年6月5日
三学会合同福岡大会2021でのポスター発表

2021年5月30日
立花いこいの森公園でホタルの観察会を行いました!新着

2021年5月3日
クスノキ落葉でミズカビ病が治癒した!自然科学部新着
船上から柳川掘割の護岸調査 自然科学部新着

2021年4月18日
第1回飯江川原流域“ウナギとホタルを人がつなぐ”広葉樹植樹祭 自然科学部!新着

2021年4月17日
第1回飯江川の石倉かごおよび電気ショッカーによる魚類の調査を実施 自然科学部!新着

2021年3月27日
柳川でホタル放流  私たちの水環境を守ろう!自然科学部の挑戦新着

2020年10月24日
石倉かごモニタリングで放流したウナギ3尾再捕獲!とアースウオッチジャパンとの放流!

2020年10月16日
「知事のふるさと訪問~福岡県の未来を語ろう~柳川編~」 自然科学部が描く地域創生

2020年10月10日
自然科学部 桜舞館小学校の子供たちと飯江川に石倉かごを設置し,ニホンウナギ稚魚の標識放流を行う!

2020年7月4日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするために 令和2年第1回稚ウナギ放流会

2020年3月31日
ニホンウナギ稚魚の飼育環境におけるクスノキ落葉の役割と感染症について考える

2020年3月23日
自然科学部 ウナギの水槽に落葉を入れるとアンモニア濃度が減少することについて

2021年7月5日

第23回水大賞農林水産大臣賞受賞を柳川市長にご報告新着

7月5日に,柳川市役所を表敬訪問し,日本水大賞農林水産大臣賞の受賞の報告と柳川での活動報告を行いました。
 
↑金子市長と葉玉館長,部員の集合写真
そこでの報告内容について一部紹介します。
私たちは2014年にニホンウナギが国際自然保護連合によって絶滅危惧種に指定された時から,柳川掘割をニホンウナギのサンクチュアリ(保護区)にすることで絶滅を回避するための取組みをはじめ,2015年からウナギの放流を始めました。
そこで柳川の掘割に,ニホンウナギをはじめ掘割の魚類の生態を調査するために,アメンボセンター前に石倉かごを設置しています。 
↑柳川の地図

 
↑アメンボセンター前に設置した石倉カゴを引き上げる様子

 
↑育てたウナギを放流している様子

石倉かごのモニタリングでは,淡水魚類やエビ類,貝類が確認されました。その中でも,私たちが放流したニホンウナギが発見されたことで,柳川掘割がニホンウナギのサンクチュアリがあるということが言えると思います。また,柳川掘割には多様な沈水物や,水性生物が見られます。下のグラフは,柳川掘割で見られる沈水生物,水生生物の一覧です。
 
以前は,私たちの放流したウナギが柳川掘割のどのような場所で育っているのかが不明でしたが,2018年10月1日の柳川市報に「尋ねウナギ」の広告を掲載していただいたおかげで,多くのウナギ情報を寄せていただけるようになり私たちが放流したウナギが無事に育っていることが分かりました。
この表は一度放流したウナギを再び捕獲できた個体のデータです。これは2020年12月5日のモニタリングで再捕獲したウナギ12尾のデータです。放流したウナギを再捕獲した場合は、個体識別が可能なイラストマー標識を打って再放流することで,再度捕獲した時に,掘割での成長率が分かるようにします。今まで私たちは74尾のウナギを石倉カゴで再捕獲し,標識を打って放流しました。このような活動を行い,情報が得られたことで,柳川の掘割にウナギが住める環境があるということがいえると思います。
 このグラフは先ほど説明した再捕獲したウナギの湿重量を表したものです。
          
体長が100mmをこえた個体から湿重量が1.0gをこえるものが再捕獲されました。大きくなったウナギをみた部員達はみんな大喜びしました。
この表は,私たちが今まで特別採捕したうなぎの個体数を表しています。また,グラフから分かるように3月頃がシラスウナギの特別採捕数がピークを迎えます。ウナギは6月にアジア中からマリアナ海溝周辺の産卵場に集まり,まとまって産卵し,約10ヶ月かけて有明海にやってくるので,3月がピークとなります。
下の絵はウナギの産卵の様子を想像で絵に描いたものです。産卵の様子はウナギ柱と呼んでいます。
 
これは2015年からの放流個体と特別採捕個体数のデータです。ついに特別採捕したウナギが10000尾をこえました。さらに,放流個体数も7500尾をこえました!!!!!!
これから放流個体も10000尾をこえられるように頑張っていきます。

また,特別採捕したウナギが以前は飼育しているウナギが感染症などにより死亡してしまうことが多くありました。そこで,カキの養殖に腐葉土が使われていることを知り,「クスノキ落葉」を水槽内にいれてみたところウナギの死亡率が減少することがわかりました。さらにウナギの死亡率が減少するだけでなく,私たちにとっても良い効果がたくさんあることが分かりました。 
↑これはクスノキ落葉による初期死亡率の変化を表しています。
      
初期死亡率とは8月までの死亡率を表したものです。
ウナギは夏を超えると強くなります。そのため,その前の夏までの時期が大切なのです。
 
↑これはクスノキ落葉による全体の死亡率の変化です。見て分かるように,クスノキ落葉の効果は絶大なものだと感じられます。

死亡率が減少した主な原因として考えられるのが,水槽内のアンモニア濃度が低下したことです。ウナギにとって有害な物質であるアンモニアの濃度が低下するだけでなく水槽内の魚類特有の匂いがなくなるという効果もあります。また,アンモニア濃度の減少により,水替えの頻度が減り,水の節約にもなっています。

下の表は水槽内のアンモニア濃度の変化を表したものです。
   
表のように,クスノキ落葉をいれるとクスノキ落葉に含まれる亜硝酸菌によりアンモニアが脱窒され,アンモニア濃度が減少することがわかりました。

【まとめ】
今回私たちが,柳川と飯江川での活動の成果をまとめた「絶滅危惧種ニホンウナギのサンクチュアリづくりを通した2つの地域創生~ニホンウナギの飼育から見えてきた森里海連環の重要性について~」をテーマとした論文が,第23回日本水大賞において農林水産大臣賞を受賞しました。コロナ禍で,残念ながら受賞式が行われませんが今回柳川市役所という場で発表できてよかったです。ご協力をしてくださった皆様,本当にありがとうございました。
これからの活動も頑張りますので,応援よろしくお願いします!
 
私たちの活動は、(一社)北部九州河川利用協会の助成を受けています。ありがとうございます。


福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved