ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
11|2019/12|01
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031



カレンダーと同期
【新着一覧】

2021年6月13日
自然科学部,ドローンを導入し,活動の幅を広げるぞ!新着

2021年6月12日
東京都立大学教授横山先生のZoomミーティングによるオンライン授業新着

2021年6月5日
三学会合同福岡大会2021でのポスター発表

2021年5月30日
立花いこいの森公園でホタルの観察会を行いました!新着

2021年5月3日
クスノキ落葉でミズカビ病が治癒した!自然科学部新着
船上から柳川掘割の護岸調査 自然科学部新着

2021年4月18日
第1回飯江川原流域“ウナギとホタルを人がつなぐ”広葉樹植樹祭 自然科学部!新着

2021年4月17日
第1回飯江川の石倉かごおよび電気ショッカーによる魚類の調査を実施 自然科学部!新着

2021年3月27日
柳川でホタル放流  私たちの水環境を守ろう!自然科学部の挑戦新着

2020年10月24日
石倉かごモニタリングで放流したウナギ3尾再捕獲!とアースウオッチジャパンとの放流!

2020年10月16日
「知事のふるさと訪問~福岡県の未来を語ろう~柳川編~」 自然科学部が描く地域創生

2020年10月10日
自然科学部 桜舞館小学校の子供たちと飯江川に石倉かごを設置し,ニホンウナギ稚魚の標識放流を行う!

2020年7月4日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするために 令和2年第1回稚ウナギ放流会

2020年3月31日
ニホンウナギ稚魚の飼育環境におけるクスノキ落葉の役割と感染症について考える

2020年3月23日
自然科学部 ウナギの水槽に落葉を入れるとアンモニア濃度が減少することについて

2020年1月18日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするための調査

2019年12月24日
令和元年度の締めくくり!伝習館高校自然科学部ニホンウナギ稚魚を124尾放流!

2019年12月21日
令和元年最後の石倉かごモニタリングで放流したニホンウナギを7尾再捕獲!伝習館高校以前科学部

2019年12月15日
矢部川シンポジウム「私たちの水環境」で伝習館高校自然科学部が発表

2019年12月8日
第5回全国ユース環境発表大会九州・沖縄地方大会に自然科学部「先生が選ぶ特別賞」を受賞

2019年12月15日

矢部川シンポジウム「私たちの水環境」で伝習館高校自然科学部が発表

期 日:令和元年1215()

場 所:アメンボセンター

主 催:矢部川をつなぐ会

後 援:柳川市,環境省筑後川河川事務所



 基調講演をしていただいた北海道の大沼ラムサール協議会会長の池田誠さんの話で,環境活動を行うグループ内でも様々な意見があり意思統一の難しさを理解することができた。環境活動は次世代のためにやっているので,未来志向の取組になるはずであるが,どうしても畜産家,漁業者,観光業者が現在の利益を考えてしまうことは免れないことかもしれないが,そのバランスを維持するために様々なアイデアを実現するために奔走されていることが理解できた。

 次世代を担う若者の活動報告では,星野学童保育の子供たちが有明海の干潟と星野川上流で行った観察を発表した。星野の子供たちはムツゴロウなどの有明海で出会った干潟の生物を楽しんでくれたのが伝わってきた。また,矢部川上流と下流の交流が盛んになると矢部川流域全体で環境に対する意識が少しずつ変わってくるのかという思いが強くなった。

 子供たちの発表の後に私たちは柳川掘割を使ったニホンウナギの保護に関する取組を発表した。



 柳川市水路課の松永課長の話で,柳川掘割で行われている美化に関する活動を説明していただいた。柳川市民総出で行われる堀干しは2020223日に行われる。私たちは二丁井樋周辺の温度・塩分センサーの回収を掘割の水が落とされ,堀掃除の前に,つまり,222()に行わなければならない。また,223日は柳川市民と一緒に堀干しを行う。私たちは,図書館前の石倉かご周辺の堀の清掃を行う。立花民雄さんの話は,掘割の水質を昔のように飲み水として使っていた時代に戻すために堀の水がサラサラ流れる状況に戻すと堀の水質は改善する。まさしく,私たちが現在まで考えていた好気性細菌が有機物を完全に分解するために溶存酸素が必要であることに繋がる話だったと思った。堀の流れが生まれると堀の中に酸素が溶け込み好気性細菌の活動が活性化される。もし,酸素が十分なかったら嫌気性細菌が有機物を分解し悪臭や毒素が発生する。このように自然のしくみを熟知しこれを環境改善活動に役立てたいと考えている。私たち自然科学部の活動はいつも自然の力を最大限に利用する活動でありたいと思っている。

 6団体の活動報告が終わり,パネル討論会では様々な質問と回答が寄せられ,私たちにも「落葉を入れることとアンモニアの減少の関係を説明してほしい」という質問が寄せられた。生徒は,「落葉を入れることで落葉に付着した分解者,特に細菌類がウナギの排出するアンモニアを減少させた」と回答した。この回答にもう少し,説明を加えると,アンモニアは硝酸菌や亜硝酸菌のはたらきで植物の生育に必要な硝酸イオンに変えられる。この作用でアンモニア濃度は低下した。つまり,落葉を入れると硝酸菌や亜硝酸菌を水槽の中に投入し,それらの細菌類の生息場としての落葉(細菌の住処)を与えたことで水質の変化がなくなった。


発表が終わって大沼ラムサール協議会会長の池田誠さんから発表の内容が良かったとお褒めの言葉をいただいた。発表した生徒諸君は自信を持ってほしいと思っている。

 私たちは(一社)北部九州河川利用協会の令和元年度の助成を受けて活動している。



福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved