ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
09|2019/10|11


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

カレンダーと同期
【新着一覧】

2021年6月13日
自然科学部,ドローンを導入し,活動の幅を広げるぞ!新着

2021年6月12日
東京都立大学教授横山先生のZoomミーティングによるオンライン授業新着

2021年6月5日
三学会合同福岡大会2021でのポスター発表

2021年5月30日
立花いこいの森公園でホタルの観察会を行いました!新着

2021年5月3日
クスノキ落葉でミズカビ病が治癒した!自然科学部新着
船上から柳川掘割の護岸調査 自然科学部新着

2021年4月18日
第1回飯江川原流域“ウナギとホタルを人がつなぐ”広葉樹植樹祭 自然科学部!新着

2021年4月17日
第1回飯江川の石倉かごおよび電気ショッカーによる魚類の調査を実施 自然科学部!新着

2021年3月27日
柳川でホタル放流  私たちの水環境を守ろう!自然科学部の挑戦新着

2020年10月24日
石倉かごモニタリングで放流したウナギ3尾再捕獲!とアースウオッチジャパンとの放流!

2020年10月16日
「知事のふるさと訪問~福岡県の未来を語ろう~柳川編~」 自然科学部が描く地域創生

2020年10月10日
自然科学部 桜舞館小学校の子供たちと飯江川に石倉かごを設置し,ニホンウナギ稚魚の標識放流を行う!

2020年7月4日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするために 令和2年第1回稚ウナギ放流会

2020年3月31日
ニホンウナギ稚魚の飼育環境におけるクスノキ落葉の役割と感染症について考える

2020年3月23日
自然科学部 ウナギの水槽に落葉を入れるとアンモニア濃度が減少することについて

2020年1月18日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするための調査

2019年12月24日
令和元年度の締めくくり!伝習館高校自然科学部ニホンウナギ稚魚を124尾放流!

2019年12月21日
令和元年最後の石倉かごモニタリングで放流したニホンウナギを7尾再捕獲!伝習館高校以前科学部

2019年12月15日
矢部川シンポジウム「私たちの水環境」で伝習館高校自然科学部が発表

2019年12月8日
第5回全国ユース環境発表大会九州・沖縄地方大会に自然科学部「先生が選ぶ特別賞」を受賞

2019年10月23日

産卵のため海へ戻る直前の銀ウナギを柳川観賞魚センターから23尾購入し,二丁井樋で放流

令和元年1023日満潮時間の17:45に合わせて二丁井樋に銀ウナギを20尾放流


柳川熱帯魚センターの代表河口さんは8月に島原の海で獲られたウナギ100尾を柳川の中部魚市場から購入された。その後,巨大な水槽で鑑賞目的で販売し残った約30尾の中で銀ウナギの特徴が現れた個体23尾を伝習館高校が買い取った。銀化は,水槽の中で起こり,正規のルートで河口さんは手に入れられたが,銀ウナギを1尾でも放流したいという私たちの思いを聞き入れて安価で譲っていただいた。

 九大の望岡先生によると,環境が大きく変わると銀化する個体も現れるということなので,海で育ったウナギが淡水で飼育されたことで銀化が進んだとも考えることができ,このウナギの解析は銀化のシステムの解明にも繋がり,学術的にも重要であると考えている。伝習館高校が買い取り,水槽で飼育した4日間のうちに水槽から逃げ出して死んでしまった3個体は九大で耳石の解析のために研究される。


銀ウナギは,飼育中に水槽から出ようとする行動が極めて強い。もしかしたら,海に出よう!生まれ故郷の海に帰りたいという本能がそうさせるのか。


柳川観賞魚センターで銀ウナギを購入して,持ち帰った。部員が銀色に変わったおなかを見せている。


学校に持ち帰った銀ウナギは氷で冷やし動きを止めて全長,肛門長,湿重量,鰭の長さ,胴回り(肛門),眼経(水平,垂直)を測定し,Eye indexを算出した。銀化のステージはY1S2まである。


銀ウナギの特徴である黒く変色した鰭と,飛び出した眼がわかる。腹には白い部分も残っており,この個体はY2~S1ステージであろう。


この個体は眼の飛び出し方が大きく,遺伝子多様性の高いウナギにはいろいろなタイプが見られる。


サイズを測定したウナギはイラストマー標識を施した。


 ほかにも,銀ウナギは,914日に大川の幹線水路でロウゲ(ウナギを捕獲するための筒状の漁具)を用いて江上さん(大川市在住)によって捕獲された大型の個体を持ち込まれた。


この銀ウナギは,Eye index5.1で,銀化ステージS1S2に相当する。この銀ウナギも2019919日,沖端川に繋がる二丁井樋で放流した。

 柳川観賞魚センターで手に入れた23尾のうち3尾の銀ウナギは水槽から飛び出して死んでしまったので冷凍保存し,九大の望岡先生のゼミに譲渡して耳石を測定し,年齢と育った場所を調べていただく予定である

銀ウナギは,これからマリアナ海溝周辺海域に帰り,産卵する直前の貴重な個体である。もし,雌なら卵を100万個産卵する。今回保護して放流した銀ウナギは全部で21尾である。このウナギがもし,無事に産卵場所まで帰ってくれたら単純計算でも1000万個の卵を産んでくれるはずである。ニホンウナギの種の持続性を維持するために福岡県の漁業者は秋から冬にかけて銀ウナギをもしとった場合,再放流するという取り決めを行っているが,一般の方で,もし銀ウナギを捕られた場合,海に繋がる川に放流するか,または伝習館高校の木庭(こば)まで連絡をいただきたい。

伝習館高校自然科学部からのメッセージ


福岡県の漁業者は,銀ウナギ(下りウナギ)の漁を自粛しています。どうか,一般の方も銀ウナギの捕獲を自粛していただきたいと思っています。

私たちの活動は,(一社)北部九州河川利用協会の「令和元年度河川利用推進支援事業」の助成を受けています。



福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved