ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
06|2019/07|08

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031


カレンダーと同期
【新着一覧】

2021年6月13日
自然科学部,ドローンを導入し,活動の幅を広げるぞ!新着

2021年6月12日
東京都立大学教授横山先生のZoomミーティングによるオンライン授業新着

2021年6月5日
三学会合同福岡大会2021でのポスター発表

2021年5月30日
立花いこいの森公園でホタルの観察会を行いました!新着

2021年5月3日
クスノキ落葉でミズカビ病が治癒した!自然科学部新着
船上から柳川掘割の護岸調査 自然科学部新着

2021年4月18日
第1回飯江川原流域“ウナギとホタルを人がつなぐ”広葉樹植樹祭 自然科学部!新着

2021年4月17日
第1回飯江川の石倉かごおよび電気ショッカーによる魚類の調査を実施 自然科学部!新着

2021年3月27日
柳川でホタル放流  私たちの水環境を守ろう!自然科学部の挑戦新着

2020年10月24日
石倉かごモニタリングで放流したウナギ3尾再捕獲!とアースウオッチジャパンとの放流!

2020年10月16日
「知事のふるさと訪問~福岡県の未来を語ろう~柳川編~」 自然科学部が描く地域創生

2020年10月10日
自然科学部 桜舞館小学校の子供たちと飯江川に石倉かごを設置し,ニホンウナギ稚魚の標識放流を行う!

2020年7月4日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするために 令和2年第1回稚ウナギ放流会

2020年3月31日
ニホンウナギ稚魚の飼育環境におけるクスノキ落葉の役割と感染症について考える

2020年3月23日
自然科学部 ウナギの水槽に落葉を入れるとアンモニア濃度が減少することについて

2020年1月18日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするための調査

2019年12月24日
令和元年度の締めくくり!伝習館高校自然科学部ニホンウナギ稚魚を124尾放流!

2019年12月21日
令和元年最後の石倉かごモニタリングで放流したニホンウナギを7尾再捕獲!伝習館高校以前科学部

2019年12月15日
矢部川シンポジウム「私たちの水環境」で伝習館高校自然科学部が発表

2019年12月8日
第5回全国ユース環境発表大会九州・沖縄地方大会に自然科学部「先生が選ぶ特別賞」を受賞

2019年7月27日

伝習館高校自然科学部京都大学森里海キャラバン芦生研究林ワークショップに参加

期 日:令和元年727日~28

場 所:京都大学フィールド科学教育センター芦生研究林(京都府南丹市美山町芦生)

主 催:京都大学フィールド科学教育センター

 

20193月に京都大学教授山下洋先生から,高大連携のお話をいただいた。私たちに声をかけていただき名誉なことだと思う。その一環として夏の中間発表があることをお聞きしていた。

芦生研究林は,京都大学から車で約2時間,福井・滋賀両県と接する京都府北東部の由良川源流域である。初日雨の中林道を車で走ったが,規模がとてつもなく大きいことを実感した。



沢沿いに降りると樹齢が分からないというカツラがあった。研究用に使うために,大枝にロープがかけられていた。


カツラは水辺を好むため,沢周辺にあるのだろうがとにかく大きいことに驚かされた。


シカ避けのネット前ではシカに食べられて植物がないことが分かった。野生のシカが植物を食べてしまうので,植生の研究ができなくなることや,植生が変化してしまうことを教えていただいた。


アカハライモリが流れにいる


モリアオガエルの卵塊だ

バスの中では根元が120度くらい曲がったスギを見た。このスギは雪の重たさで曲がったもので豪雪地帯でしか見ることができないそうだ。芦生の藁葺き集落の雪割りの木は根曲がりスギをうまく使っているそうだ。

森林ステーションではブレーンストーミングをうまく用いたワークショップを27日午後から28日午前中まで行った。京都大学の先生がうまく引き出していただいたおかげで,どの班も立派な発表ができた。また,京都大学の先生が参加した生徒を班にうまく振り分けていただいたことで,学校ではほとんどしゃべらない生徒も楽しそうに友達と話し合い,自分たちの意見をまとめていた。何か社会を動かそうと思い,自分の意見が正しいと思う時でも他の人の意見を大切にしながら合意を形成していかなければならない。特に環境問題を扱う場合は,現在の経済的な利益追求を目的することに反することを実践しなければならない時もある。しかし,それが未来を担う子供たちのためということを考えた場合,現在の経済よりも今の環境をどれだけ子供たちに残すことができるかが,ポイントになるような気がしている。


ワークショップの様子


素晴らしい環境で行う長時間の森里海連環に関するワークショップの雰囲気から生徒たちの素晴らしい意見が生まれた。この雰囲気を作ってくれた京都大学の関係者に感謝している。


芦生研究林での発表の様子2019728

これからも,生徒共々この関係を維持していくために努力したいと思っています。


芦生研究林ワークショップ参加者集合写真

写真は京都府立西舞鶴高校の本藤先生からいただきました。

私たちの活動は,(一社)北部九州河川利用協会の「令和元年度河川利用推進支援事業」の助成を受けています。

水質分析装置AL800は「藤原ナチュラルヒストリー振興財団」の助成を受けて購入しました。

石倉かごはパルシステム東京の助成金を使わせていただき購入させていただきました。

以上の皆様には感謝しています。



福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved