ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
04|2018/05|06


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

カレンダーと同期
【新着一覧】

2020年7月4日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするために 令和2年第1回稚ウナギ放流会新着

2020年3月31日
ニホンウナギ稚魚の飼育環境におけるクスノキ落葉の役割と感染症について考える新着

2020年3月23日
自然科学部 ウナギの水槽に落葉を入れるとアンモニア濃度が減少することについて新着

2020年1月18日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするための調査

2019年12月24日
令和元年度の締めくくり!伝習館高校自然科学部ニホンウナギ稚魚を124尾放流!

2019年12月21日
令和元年最後の石倉かごモニタリングで放流したニホンウナギを7尾再捕獲!伝習館高校以前科学部

2019年12月15日
矢部川シンポジウム「私たちの水環境」で伝習館高校自然科学部が発表

2019年12月8日
第5回全国ユース環境発表大会九州・沖縄地方大会に自然科学部「先生が選ぶ特別賞」を受賞

2019年12月7日
eco-1グランプリ最終審査会に伝習館高校自然科学部出場

2019年11月10日
伝習館高校自然科学部「全国アマモサミット2019みやぎ」に参加して

2019年11月4日
アースウオッチジャパン参加者とウナギ稚魚を173尾放流

2019年10月27日
ふしぎいっぱい自然探検隊,福岡県のボランティアに参加(主催:福岡県南筑後保健福祉環境事務所)

2019年10月23日
産卵のため海へ戻る直前の銀ウナギを柳川観賞魚センターから23尾購入し,二丁井樋で放流

2019年9月18日
伝習伝習館高校自然科学部 銀ウナギ(下りウナギ)を放流し,ニホンウナギの保全へ第一歩

2019年8月25日
伝習館で飼育したニホンウナギ稚魚442尾,柳川掘割に放流!

2019年8月23日
吹奏楽部 夏季合宿を行いました
伝習館高校自然科学部が放流したウナギが46cmに成長し釣り上げられた

2019年8月2日
伝習館高校自然科学部九州地方ユースSDGsフォーラムに参加

2019年7月27日
伝習館高校自然科学部京都大学森里海キャラバン芦生研究林ワークショップに参加

2019年7月20日
伝習館高校自然科学部と伝習館同窓会みやま支部共同の飯江川視察

2018年5月12日

生物部 京都大学の田川正朋先生からウナギ稚魚の生態実験の指導を受けました

 自然科学部生物班は,5月12日(土)京都大学農学部海洋生物増殖学,魚類のホルモンの研究をされている田川正朋先生からニホンウナギ稚魚の生態実験の指導を受けました。

 今年の生物班の実験は主に2つ,二丁井樋の開門を後押しするためのイネの耐塩実験と飼育中にウナギ稚魚の死亡率を低下させるために水槽の底質環境を研究しています。

 5月12日に京都大学から田川正朋先生にお越しいただき,先生のご研究の講義と伝習館高校でウナギ稚魚を飼育している水槽を観察されて死亡率を減らすためのアドバイスをいただきました。

田川先生は,カレイの変態異常個体のホルモンとストレスを加えた場合に分泌されるコルチゾル(糖質コルチコイドの一種)の研究を進められています。私たちのウナギ稚魚の死亡率を減らすため水槽内の環境を改善するための研究に参考になると,ご自身の研究を私たちに話していただきました。
 


魚類は多産多死型の生存曲線になります。この場合,産卵した卵は非常に小さく,一腹で100万個以上になります。成体(子孫を残すことができる個体)まで育つのは,そのうちのごくわずかで2~3個体になり,大きさは10万倍以上になります。そのために大きさに応じて生活の仕方を変える必要があります。それが変態するメリットです。

 


多くの魚類は,仔魚期にはプランクトン生活を送りますが,餌を獲るようになると遊泳能力を発達させながら稚魚から成魚になります。

 


このように,仔魚はプランクトン生活に適した形態をしています。

 


一般に「左ヒラメに右カレイ」といわれていますが,目の移動が逆になった右ヒラメと左カレイです。これらの変異体は目のある側が裏側の特徴であるウロコの形状と色が白くなります。

 


変異体にはいろいろなバージョンがあり,ホシガレイでたくさんの変異体を観察しました。

 


また,仔魚に恒常性ホルモンを与えると稚魚に変態することも分かっています。

 


変な形のカレイは甲状腺ホルモンの出る時期がおかしいことも分かりました。

 


カレイにストレスを与えると体色が黒くなることも分かりました。

 


ストレスを加えるとコルチゾルというホルモンが分泌されます。コルチゾルは糖質コルチコイドの一種で,魚類では鉱質コルチコイドの役割も果たします。

 ◎コルチゾルを与えて体色が黒くなるのであれば,ストレスで黒くなるといえそうです。

 


 ◎コルチゾルは,魚類が生活するうえでは,マイナスの働くホルモンですが,短期間のストレスに対しては良い作用を起こすと考えられます。

◎敵に襲われている緊急時に,わざわざ増加させないで良いようなことをコルチゾルを分泌して抑制していると考えられます。

ストレス?コルチゾルの分泌

   食欲減少?成長が抑制

   免疫系も抑制?病気にかかりやすくなる

 教えていただいたことは,私たちのウナギの死亡率を減らすためにも役立てることができます。

 


 このサンプルは,田川先生にお持ちいただいたカレイの変異体です。上が白い個体,左カレイ,下が黒い個体や,黒く変色した個体です。

お忙しい時期にわざわざ柳川にお越しいただき,田川先生ありがとうございました。

 

なお,この企画には,笹川平和財団海洋教育パイオニアスクールプログラムの助成金を使わせていただいています。

 

 

 

 


福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved