ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
03|2018/04|05
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930




カレンダーと同期
【新着一覧】

2019年3月28日
自然科学部,平成31年度日本水産学会春季大会高校生発表で2年連続「奨励賞」受賞・東京同窓会との交流・「セシウムと少女」監督の才谷遼監督との会食を行いました新着

2019年2月23日
九州大学望岡研究室との共同研究「二丁井樋の仮説魚道でシラスウナギが柳川掘割に遡上するのか検証する!」新着

2019年1月27日
WWFジャパン北部九州高校生ワークショップに自然科学部参加新着

2018年9月10日
高文連 筑後地区美術・工芸展において特選受賞

2018年8月31日
芸術部(美術) 高文連県実技講習会に参加

2018年8月19日
書道部「書のパフォーマンス」イベント出演

2018年8月18日
生物班は,ニホンウナギ稚魚197尾放流!放流の様子はNHKで8月19日,放送!

2018年8月2日
平成30年度 高文連演劇部門筑後地区夏期ゼミナール

2018年6月26日
生物部「第20回日本水大賞」の文部科学大臣賞を受賞しました

2018年6月7日
「絶滅危惧種ニホンウナギを食べて命の繋がりを実感する会」を今年もやりました

2018年5月31日
日本文化部茶華道部門

2018年5月27日
生物部 福岡女子大の竹内亮先生と女子の学生さんとのワークショップを行いました

2018年5月12日
生物部 京都大学の田川正朋先生からウナギ稚魚の生態実験の指導を受けました

2018年5月5日
演劇部3年生引退公演

2018年4月25日
弁論・放送部 松浦さんを全校生徒が壮行会で激励!!

2018年4月21日
やながわ有明海水族館一日館長を生物部が務めた~館長小宮君のもとでの修業~

2018年4月15日
生物部「アサリ収穫祭」有明の本物のアサリを獲って味わう

2018年4月12日
茶華道部門 新入生歓迎のお茶会

2018年4月7日
「高校生のための森里海連環学入門」京都大学名誉教授田中克先生の講義

2018年4月4日
柳川有明海水族館セミナーに生物部が参加

2018年4月7日

「高校生のための森里海連環学入門」京都大学名誉教授田中克先生の講義

日時:平成3047()10:0011:30

場所:伝習館高校理科講義室B

講師:田中 克 先生(たなか まさる)

講師紹介:京都大学名誉教授,

 京都大学フィールド科学教育研究センター初代センター長

 舞根森里海研究所所長

 NPO法人SPERA森里海・時代を拓く理事長代行

 滋賀県で小学生の頃,担任の先生に手こぎの船で釣りに連れて行ってもらいそれから魚に興味を持ち,京都大学で水産を学ばれました。その後,有明海沿岸の水産研究所で有明海のスズキ稚魚の研究を行われました。研究を進めるうちに,有明海の環境は悪くなる一方で,稚魚が成長段階で筑後川の汽水域に集まることや波打ち際に集まることなどから海の生物の成長にとって陸が切っても切り離せないことから森里海連環学を提唱され,その理念をもって京都大学フィールド科学研究センターを設立。以降,研究だけではなく海洋環境の改善活動と地元の子供たちの教育に尽力されています。また,環境省の「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」にも関わり,新しい社会の方向性を創っていらっしゃいます。

テーマ:高校生のための森里海連環入門

 

 海で蒸発した水は雨になり森を潤します。また,森では光合成で二酸化炭素と水を使いデンプンなどの有機物を作ります。これらの有機物は森に集まってくるたくさんの動物たちのエサになります。森の動物たちのフンや死骸と落ち葉などは様々な環境(嫌気的環境や好気的環境など)で分解者によって分解され無機物や有機酸(栄養塩類や様々なフルボアミンなどの有機物)を生じます。これらの無機物や有機物は川によって海にもたらされます。もし,森と海と川が正常に機能し,物質の循環が途絶えることなく永遠に続くのであれば私たちの活動は必要なかったのかもしれません。

 田中克先生,私たちのために貴重なお話をしていただき感謝しています。

 

田中克先生の講義

森が無ければ海は存在しない

森は海に繋がっていますし,海も森に繋がっています。このように繋がりの双方向性を表したのが森里海連環です。森里海連関としないのは,この繋がりの双方向性を強く意識してもらうためです。また,森にとって海も必要ですし,海にとって森も必要なのです。今日はこの(あたり)の,森里海連環の核になるお話をします。

森が海に繋がっていることは容易に説明できますが,その逆の海が森に繋がっているというイメージを説明します。陸上で森に生き物は集まってきますので,森を生き物の集合と捉えることが出来ると思います。生き物が生きるために絶対に必要なもの,それは水です。酸素も必要だと思うかもしれませんが,地球上には色々な適応をした生物がいて,酸素が無い環境で生きている生物もいます。深海の熱水孔など特殊な環境にいる生き物は酸素を必要としません。でも,全ての生き物は水が無いと生きていくことができない。という意味で,生き物にとって必須の物質は水です。我々の体の70%は水で出来ている。地球に生き物が存在するということは,地球に水があるから存在するということなんです。つまり,生命の根源は水なんです。その水によって森の生き物は生きていくことができます。その水を蓄えているのが海です。海が無ったら森は存在しない。その理由は2つあります。

一つ目は,海から水が蒸発してそれが,雲になり山で雨や雪を降らせる。その水を木や草が吸収して育つし,木や草を食べる動物も育つ。このことを考えると,陸上の動植物は海が無ければ生きていけない。今,地球の環境問題を大きく捉えると,この仕組みがおかしくなってきている。人間はあまりにも大きな力を持って地球を変化させようとしてきました。私たちの年代までは地球環境は破綻しないでしょうが,ひょっとしたら,皆さんたちの時代になると,本当に深刻な状態になるかもしれない。そういう時に,表面的に技術で解決しようとするのも大事なことかもしれませんが,何が原因でこのような問題が生じたか考えてみるのは,もっと大切なことなんです。つまり,一つ目は海が陸上に水を供給し続ける。このことは,海が森と空間的に繋っているということです。いろんなことが繋がっているんですが,この日本に暮らしていても,食料の多くは外国から輸入されています。そういったことからも,日本は空間的に外国と繋がっている。

もう一つ,海が無ければ森は存在しない理由。大学の入学試験でも聞かれるかもしれません。もう一つは,空間に対して,時間的につながっている。この時間も葉状に長いスケールで考えてみます。ずっと昔に地球上で産まれた生命の起源は海の環境なんです。海で産まれた生命が,長い間に地球環境も変化しますが,それに適応して声明自体も変化してきました。森の木も,ずっと昔は海で進化しながら陸上に上がってきた生命が陸上に広がった結果,現在に繋がっているわけです。陸上に最初に登場したのは原始的なシダ植物だったと考えられています。この植物は乾燥に対する耐性を得ながら現在見られる植物になったのです。だから,海が無かったら森は存在しません。

このように,全てのものが繋がっているということを空間として,時間として繋がっているということを整理してみると,森里海の繋がりがなぜ大事かということが分かってきます。森里海の繋がりは,命に係わる水の循環,水の循環が無ければ人間も生きていけないし,全ての生き物の食料だって。みんな意識していないけど,毎日食べている食料は,命そのものなんです。他の命を毎日食べているんです。加工されてしまうと,命をいただいていることに気付かなくなってしまう。この生き物を養っているのは水なんです。

だから,物事の根源を考えるということは,水の循環,生命(いのち)をどのようにして維持しているのか考えるということなんです。

 

森の減少と人類の未来

生き物にとって陸上の最も重要な生態系は森です。もともと陸の80%くらい森が覆っていたわけですが,この森はどんどん少なくなってきます。1700年ごろには50%ぐらいに少なくなり,2010年では30%ぐらいになってしまいました。森が減るといろんな地球環境問題が露呈してきます。温暖化などの問題も含めて,森が減ってしまうことで水循環の問題がうまく機能しなくなり人が住みにくい世の中になってしまいます。残念なことにこのままでは地球で人間が生きることができなくなってしまいます。このことを真剣に考えて何か実践しなければならない時期になってしまったのです。ある人は火星に氷が見つかっていて水が流れていた痕跡があることで生命が存在するかもしれないし,人間が暮らせる可能性があることで,火星に移住する計画を真剣に考えている人もいる。でも,一部の人は火星移住ができたとしても圧倒的多数の人は地球に残されたまま,地球で暮らしていかなければならない。だから,これは本当の解決策ではない。

 

新しい学問の誕生“森里海連環学”

なぜ,色々なものが繋がっているという森里海連環学という学問が生れた背景を説明します。森と海を繋ぐのは川です。ですから,水の循環だけだったら“森川海連環”で良いはずです。これは自然科学の立場で森と海を繋ぐ川のそれぞれのはたらきを解明し,それらを正常に戻してやると森と海と川が生き返るはずです。ところが私たちの社会はそうなっていない。森里海連環学の“里”とは里で暮らす人間の生活のことです。里山,里海,里地など,里山や里海は英語でSATOYAMASATOUMIというように英語の単語になって世界が認めはじめているぐらい日本発のアイデアです。例えば,里山というのは人が森を少し切り開いて畑を作ったり,そして森にも手を加えながらうまく自然の恵みを生かしながら生きていく。里山はとても大事な概念です。里海も一緒です。海藻(海草)はそれ自体大事なんですが,増えすぎた海藻(海草:アマモ)を食料にしたり,かつては肥料にしたりして使っていた。そういう里山,里海は大事だけれど,この“里”というのは人が生きる生活空間のことですが,広く考えてください。人がいなかった時代は森と海があり,その間を川が流れていることで地球生態系が維持されてきた。でもその中でただ1種類の人間が,数を増やし,ものすごい力を持ち始めた。本来の森と海の繋がりが,この間の里の繋がりがあまりにも大きくなりすぎて,森里海連環の問題は,森と海の繋がりをドンドン私たちが断ち切ってしまったことにあるということです。だから,森里海連環学とは,結局人間の価値観などの考え方の問題なんです。人間がもっと賢く自然の理解を深めて,自然と共に生きるような暮らしを行い,そういう経済を工夫していくこと。里が森と海の繋がりを良くも悪くもするということです。だから,森里海連環学というのは自然科学というよりも,むしろ,社会学とか,経済学などの文系の側面が非常に強い,この様な意味合いも持っています。

みんなは,これからどんな大学に入るか,などの間近の将来に関心をもつでしょうが,もちろんこれも大事なことなんですが,ちょっと長い時間のスケールで将来を考えてみてほしいと思います。

今までは,自然科学とか,社会や経済学とか文系の学問は別々に発展してきました。自然科学の中にも森を研究する学問や海を研究する学問がそれぞれ個別に分けてやってきました。それは,それで大事なことですが,今地球で人が増えていろんな問題が重なり合って,これまでの学問では解決できないところまできている。

そこで今までの学問は“個別細分化学”というなら,森と海などいろんなものが繋がっているという,こういうことが全部繋がっているということを解きほぐさないと解決の道は見えてこない。だから,自然科学も社会科学も繋がった,色んなものの繋がりをもう一度解きほぐす学問が必要になったわけです。今までの学問は研究者がやる学問でしたが,我々自身がそういう物の見方を日々の暮らしの中で考えながらやっていく今までとは全く違う学問なんです。

 

森里海連環学と社会の進むべき方向

2003年に森里海連環学が誕生しました。これは,研究者の立場で森や海が繋がっていて,その間で生きる人間の価値観が変わるような事例を集めだしました。ところが,研究者がそういうことに気付く前に現場で,魚を捕ったり自然の中で働いている人は,当たり前のようにそんなことを知っていた。2003年の14年も前に,1989年に気仙沼の畠山重篤さん,カキの養殖漁師さんがはじめた,いろんなものが繋がっていてその繋がりを大事にしないと人間も生きていけないよという「森は海の恋人運動」です。2003年から11年後の2014年,大きな流れが日本で起こっているんです。環境省は「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」が2014年に始まりました。これは,色んなものが繋がっていることを考えて生活していかなければ,本当に世界はダメになってしまうと,日本の環境省が考えて,作ったつなげよう,支えよう森里川海で,ここでの里は,里山,里海ですね。もう一度,森と里と川と海を繋げ直そうというプロジェクトです。国のいろんな政策を閣議決定する中央環境審議会総合政策部会で決まるんですが,20184月から第5次環境基本計画が施行されます。5年ごとに,国の進むべき方向を指し示したものです。このなかに,このプロジェクトのもういっぺん色んなものの繋がりを再生しましょうという骨子が盛り込まれています。なぜかというと,水の循環が命を繋いでいることと,今私たちが暮らしている社会はお金と物を,色んなものをたくさん作って豊かにしていこうという社会で,この様な社会を「物質文明」といいます。でも,それが極端になってしまい,日本なんか世界中から食料を買いあさり,でも,ちゃんと食べればまだ良いんですが,食べ残しが多い。コンビニでも賞味期限が切れたものを何の疑問もなく捨ててしまう。このことを認めてしまう国民世論があって,毎日の廃棄しているものがアフリカの3000万人の人の飢えを救うことができる。今もアフリカでは子供たちが飢餓でなくなっている。この延長戦で行ったら,資源が無くなるし,世界が破たんしてしまう,というところまで来ている。では,物質文明にかわる「環境・生命文明」。これは今から4050年後の社会で仕事をしたり,いろんなことをする時のベースになる考え方で,物ではなく命を一番大切にする文明を作っていかなければ地球が潰れてしまう。このことは,国が決めたことで,この基本計画の中に環境省のプロジェクトが組み込まれている。このことを最も分かりやすく森と海の繋がりと,里の人々の役割を命と生命,生物との関わりで,北なら鮭。鮭は1gぐらいで海に下って,海洋で45年暮らして5㎏になれば5000倍のエネルギーを生まれた川に戻しくれる。先ほどは水の循環で説明しましたが,森で作られたものが海の生き物を支える。一方,海で育った鮭が海のエネルギーを森に持っていく。海と森を繋ぐのは北のほうでは鮭,南のほうでは皆さんが飼育しているウナギです。生まれるのは海だけれど,河口域で育つものやあるものは川を遡上し,森の中まで入ってくるような生物です。こういう生き物が,今絶滅の危機に瀕しているのは,里の人間活動の巨大化,あるいは,生き物の存在を無視した生活をしているからだと思います。一人ひとりの影響は小さなものでしょうが,地球上に70億人の人間がいて,その人たちが同じような環境や生き物のことを考えないで生活したらどうなると思いますか。自分が考えるだけでは,ダメで,周りの人に広げていこうと思うのであれば,物事の根源を考えることが大事だし,いま問われているのは命の問題,ウナギというものもまさに命の象徴なんです。皆さんがいろんなところで発表し,高い評価を得ているのもこういった問題が背景にあるからなんです。でも,学問の世界はそうはいかないけれど,社会は,テレビの番組ではいろんなところに海と森が繋がっているということが出てきます。このことからも,まだ学問としてはわからないことが多いけど世の中はそういう方向に動いている。


世界は森里海連環をどのように見ているのか

国際連合が毎年テーマを決めて,今年は国連の国際海洋年ですが,2011年は国際森林年で,世界中に森林保護に貢献した人がいます。国連は世界5大陸の森の育成や保護の貢献した人を表彰することになり,アジア代表のフェレストヒーローズに選ばれたのが漁師さんが森に木を植えて,もう一度海を豊かにしようという“森は海の恋人運動”を行った畠山重篤さんです。森の専門家ではなく漁師さんです。アジアには,森の賢人オランウータンの保護活動をしている人などたくさんいるのに国連は漁師を選んだ。大規模な植林をしている人などいるのに畠山さんが選ばれたのは,森のためだけではなく海を豊かにするために植林をしているからです。つまり,森と海は水が循環してその循環の中で,海の生き物を,そしてそれを食料としていただく人間も全ての物が循環を通して生かされているという思いが表れた活動だからです。このままでは地球はもたないという思いで,キーワードは持続的であるか,それから,資源も含めて,有効に使い循環させていくということです。これが,これからの社会で共有するべき基本的な理念・考えを漁師さんが山に木を植えるという活動を通じてそれを世界に日本の知恵として発信している。それから,2011年は,東日本大震災で22000人の命が奪われ,今でも2500人が行方不明。その中で,森は海の恋人運動に対して世界が支援をしてくれているということ。隣国では台湾が巨額の支援をしてくれたということもあるけれど,森は海の恋人運動に象徴的なのが,世界のブランド品を作るルイ・ヴィトン社が森は海の恋人運動をずっと支援してくれています。ルイ・ヴィトン社の今の社長さんは,「森は海の恋人運動は日本という国,あるいは,もっと広く世界の生き方のグランドデザイン」と森は海の恋人運動を評価しています。これは,このままの状況では続く世界で幸せに暮らすことが出来ないと考え,森は海の恋人運動のような活動を日本発の「どうしたら世界の人が持続循環的な生活を送ることが出来るのか,もう一度デザインし直すためにベースになる」という見方を世界はするわけです。逆にこれから,今でも少しずつこういった価値観が広まっているけれども,世界がこのアイデアに注目していることを皆さんは自信を持ってもらって,そしてそのことが皆さんが柳川の堀割でウナギの保護活動を行っていること,そして有明海の再生を行っているという取り組み自体が,このことのベースになっているということです。

 

伝習館高校生物部の取り組みと柳川のグランドデザイン

重要なのは物事を考える上の理念や哲学。例えば,皆さんが大学に進まれて面接を受けられると聞かれる「あなたが考えたり行動するときのベースにしていることは何ですか」という問もこのようなことを聞きたがっています。そして,もう一つ大切なことが,明確な理念や哲学のもとに行動を行うこと,つまり実践です。理念だけではだめです。面接の時も本やらで勉強して口達者にしゃべるだけでは面接官に伝わりません。実践が伴わなければ信頼されない。皆さんが柳川で取り組まれていることは森里海のつながりの中でウナギをどのようにして再生しようかということです。これは,ひとつの理念の元で具体的に部活動で取り組まれている。この両方をやっているのが重要なことで,それが水産学会や日本水大賞でも評価されている理由だと思います。

 

環境生命文明と私達の未来

森里海連関学は出来て今年で15年になります。森は海の恋人運動,森里海連関学,環境省のプロジェクトと物事が進行する時間スケールは10年から15年です。10年から15年くらいみんながいろいろ知恵を出していろんな問題をクリアーしていくと次のステージに進む。次の世界が広がる。それは,漁師さんの活動から始まり,学問としての森里海連関学から国策としてのプロジェクトへとして進んできました。この環境生命文明が世界の主流になるためにはこの10年が非常に重要な時間になると考えています。こういった意味で,今は世界が広がりつつあることでやりがいがある時期だと考えています。



福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved