ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
03|2018/04|05
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930




カレンダーと同期
【新着一覧】

2019年3月28日
自然科学部,平成31年度日本水産学会春季大会高校生発表で2年連続「奨励賞」受賞・東京同窓会との交流・「セシウムと少女」監督の才谷遼監督との会食を行いました新着

2019年2月23日
九州大学望岡研究室との共同研究「二丁井樋の仮説魚道でシラスウナギが柳川掘割に遡上するのか検証する!」新着

2019年1月27日
WWFジャパン北部九州高校生ワークショップに自然科学部参加新着

2018年9月10日
高文連 筑後地区美術・工芸展において特選受賞

2018年8月31日
芸術部(美術) 高文連県実技講習会に参加

2018年8月19日
書道部「書のパフォーマンス」イベント出演

2018年8月18日
生物班は,ニホンウナギ稚魚197尾放流!放流の様子はNHKで8月19日,放送!

2018年8月2日
平成30年度 高文連演劇部門筑後地区夏期ゼミナール

2018年6月26日
生物部「第20回日本水大賞」の文部科学大臣賞を受賞しました

2018年6月7日
「絶滅危惧種ニホンウナギを食べて命の繋がりを実感する会」を今年もやりました

2018年5月31日
日本文化部茶華道部門

2018年5月27日
生物部 福岡女子大の竹内亮先生と女子の学生さんとのワークショップを行いました

2018年5月12日
生物部 京都大学の田川正朋先生からウナギ稚魚の生態実験の指導を受けました

2018年5月5日
演劇部3年生引退公演

2018年4月25日
弁論・放送部 松浦さんを全校生徒が壮行会で激励!!

2018年4月21日
やながわ有明海水族館一日館長を生物部が務めた~館長小宮君のもとでの修業~

2018年4月15日
生物部「アサリ収穫祭」有明の本物のアサリを獲って味わう

2018年4月12日
茶華道部門 新入生歓迎のお茶会

2018年4月7日
「高校生のための森里海連環学入門」京都大学名誉教授田中克先生の講義

2018年4月4日
柳川有明海水族館セミナーに生物部が参加

2018年4月4日

柳川有明海水族館セミナーに生物部が参加

 毎月行われている柳川有明海水族館セミナーに生物部員が参加しました。

 生物部員は,柳川掘割をニホンウナギのサンクチュアリにするための研究を行っています。その一環で柳川掘割に自分たちで特別採捕し育てたニホンウナギを放流していますが,放流前に柳川掘割の水生生物のモニタリングを行っています。今回のセミナーは,石倉かごモニタリングで捕獲することができる生物種の同定を行うためのポイントを北九州で水生生物観刷の指導員をされている北九私立玄海青年の家の山本悠画(やまもとゆうが)さんから講義していただきました。

 山本悠画さんは,北九州高等学校「魚部」の出身で,現在は自分の好きな川や海の生き物を小学生と観察する仕事をしているそうです。

 今日はわざわざ北九州から私たちのために柳川有明海水族館に来ていただきました。講義のテーマは「石倉かごで見られる生物の識別」で,柳川掘割の生物モニタリングで現在までに観察することができた生物のポイントをレクチャーしていただきました。

 講義では,ヒゲと鰭と色で魚類を識別方法を中心にフナとタナゴの見分け方からニッポンバラタナゴとタイリクバラタナゴの識別法まで分かりやすく解説していただきました。また,ニッポンバラタナゴは鰓ぶた側のウロコ5つに側線が見えないことなど,野外で分かるような工夫をこらしたお話をしていただき,生物部員も実践に即役立つ話に真剣に聞き入っていました。


ホワイトボードを使って魚類の特徴を説明していただきました。


イシガイとドブガイの見分け方を説明していただきました。


生物部員がニホンウナギの鰭に注意して作図しています。


図監を使って説明していただいています。

山本悠画さん,今日は私たちのためにありがとうございました。

このように生物部は地域の自然を愛する人たちと一緒に活動しています。

 

 

 


福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved