ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
07|2020/08|09






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031




カレンダーと同期
【新着一覧】

2020年7月4日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするために 令和2年第1回稚ウナギ放流会新着

2020年3月31日
ニホンウナギ稚魚の飼育環境におけるクスノキ落葉の役割と感染症について考える新着

2020年3月23日
自然科学部 ウナギの水槽に落葉を入れるとアンモニア濃度が減少することについて新着

2020年1月18日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするための調査

2019年12月24日
令和元年度の締めくくり!伝習館高校自然科学部ニホンウナギ稚魚を124尾放流!

2019年12月21日
令和元年最後の石倉かごモニタリングで放流したニホンウナギを7尾再捕獲!伝習館高校以前科学部

2019年12月15日
矢部川シンポジウム「私たちの水環境」で伝習館高校自然科学部が発表

2019年12月8日
第5回全国ユース環境発表大会九州・沖縄地方大会に自然科学部「先生が選ぶ特別賞」を受賞

2019年12月7日
eco-1グランプリ最終審査会に伝習館高校自然科学部出場

2019年11月10日
伝習館高校自然科学部「全国アマモサミット2019みやぎ」に参加して

2019年11月4日
アースウオッチジャパン参加者とウナギ稚魚を173尾放流

2019年10月27日
ふしぎいっぱい自然探検隊,福岡県のボランティアに参加(主催:福岡県南筑後保健福祉環境事務所)

2019年10月23日
産卵のため海へ戻る直前の銀ウナギを柳川観賞魚センターから23尾購入し,二丁井樋で放流

2019年9月18日
伝習伝習館高校自然科学部 銀ウナギ(下りウナギ)を放流し,ニホンウナギの保全へ第一歩

2019年8月25日
伝習館で飼育したニホンウナギ稚魚442尾,柳川掘割に放流!

2019年8月23日
吹奏楽部 夏季合宿を行いました
伝習館高校自然科学部が放流したウナギが46cmに成長し釣り上げられた

2019年8月2日
伝習館高校自然科学部九州地方ユースSDGsフォーラムに参加

2019年7月27日
伝習館高校自然科学部京都大学森里海キャラバン芦生研究林ワークショップに参加

2019年7月20日
伝習館高校自然科学部と伝習館同窓会みやま支部共同の飯江川視察

2020年7月4日

飯江川をニホンウナギが育つ川にするために 令和2年第1回稚ウナギ放流会新着

期日:令和274()16:0017:00

場所:舞鶴ふれあい公園(福岡県みやま市高田町舞鶴)

参加者:山川ほたる保存会

    みやま市環境衛生課長

    地域の皆様(区長さんや興味を持たれた皆様,小学生や中学生の皆様)

    九州大学大学院 農学研究院 資源生物科学部門 動物・海洋生物資源学講座

            水産増殖学研究室 望岡典隆先生

    伝習館高校自然科学部

    総勢60人ほど

放流数: 5(飯江川で特別採捕したニホンウナギ稚魚)68(矢部川採捕)7.5cm13cm


はじめに

飯江川は,可動式の魚道を持たない堰がたくさん作られ,農業のための貯水池のような構造になってしまった。このことで,飯江川の魚類は極端に少なくなり,川で魚を捕り川で遊ぶ子供たちも少なくなった。この飯江川の構造は地域の農業生産のための夏の渇水期の圃場の水不足を解消するためにしかたないことであろう。しかし,このことで生物多様性が消失したのは事実である。

生物多様性を回復するためには,上流域に広がる放置された竹林を広葉樹の植林によって豊かな自然林にもどすことが必要である。上流域の広葉樹の森を整備し豊かな腐植層を形成できれば夏でも十分な水量を維持できれるからある。そうなると可動式の堰は必要なくなると考えている。

この取組のゴールは,生物多様性と農業の共生であり,この取組が実現するとニホンウナギの絶滅回避に繋がるものと考えている。また,このようなムーブメントが全国各地で起これば,人間の生活(農業を含めた産業)と生物多様性がともに関係性を維持しながら発展するといういにしえから祖先が行ってきた生き方が再評価されて農業本来の姿に戻すことができるのではないかと考えている。

202074日,地域の子供たちと一緒に私たちが育てた稚ウナギを放流することで,飯江川をウナギが育つ川にするための第1歩を踏み出すことができた。そしてまた,山川の子供たちに感動させられた。山川の子供たちはウナギを放流した川に,一斉に飛び込んだ。先ほど放流したウナギを捕まえようと。私は子供の頃,必死に魚や昆虫を捕るために知恵を使い,たまには危ないこともあったがその都度危険を必死になって回避してきた。生きる力とは,案外自然の中で遊ぶことによって育まれるのでないだろうか。このように,子供が遊ぶことができる自然を保全すること,これも未来社会のデザインのひとつであると信じている。

放流会次第

 1.挨拶(大田黒・木庭)

2.紙芝居を使った説明(望岡先生)

3.放流(地域の子供たちから)

4.次回の放流について(8月を予定)

5.閉会挨拶(松藤)

 

川に飛び込む子供たち


九州大学大学院の望岡先生の話 望岡先生は,今回はお嬢さんと一緒に参加された


望岡先生から持ってきていただいたレプトケパルスを真剣に見ている桜舞館小学校の子供たち


放流するウナギを前にして


ウナギ稚魚の放流,全部で73


のどかな田園地帯 この広大な水田の灌漑のために,可動堰を設置したのだろう


1年中閉まっている魚道を持たない可動堰

将来に向けたビジョンとねらい(SDGsのゴールと169のターゲットに寄せて)

・稚ウナギ放流:地域の人たちの飯江川に対する関心が高まる(地域の文化財・生物多様性)

・上流域の放置された竹林の整備(広葉樹の植林):上流域が団粒構造に富む厚い腐植層を形成することで,土壌に保水力を持たせる。また,このことで自然豊かな森を形成することができるのでホタルを含む昆虫類など多様な生き物に満たされた森を形成する(生物多様性・森の保全)

 →水害時の災害の軽減につながる(飯江川は幾度の水害に見舞われた経験を持つ)(安全・防災・水質)

 →森の生物多様性の回復(森林保全・生物多様性)

 →可動堰の撤廃(夏の渇水期の水量増加)→魚類が増加→川の生物多様性が回復する(川の構造・生物多様性)

 →川で安全に遊ぶ子供たちが増え生きる力を持った地域の子供たちが育つ(川の構造・教育)

 →生物多様性を基盤とした農業が生まれ,そのことで生物の絶滅が回避できる(産業・生物多様性

 

私たちの活動は,北部九州河川利用協会の令和2年度河川事業推進の助成を受けています。


福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved