ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
01|2020/02|03






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
カレンダーと同期
【新着一覧】

2020年1月18日
飯江川をニホンウナギが育つ川にするための調査新着

2019年12月24日
令和元年度の締めくくり!伝習館高校自然科学部ニホンウナギ稚魚を124尾放流!新着

2019年12月21日
令和元年最後の石倉かごモニタリングで放流したニホンウナギを7尾再捕獲!伝習館高校以前科学部新着

2019年12月15日
矢部川シンポジウム「私たちの水環境」で伝習館高校自然科学部が発表新着

2019年12月8日
第5回全国ユース環境発表大会九州・沖縄地方大会に自然科学部「先生が選ぶ特別賞」を受賞新着

2019年12月7日
eco-1グランプリ最終審査会に伝習館高校自然科学部出場新着

2019年11月10日
伝習館高校自然科学部「全国アマモサミット2019みやぎ」に参加して新着

2019年11月4日
アースウオッチジャパン参加者とウナギ稚魚を173尾放流新着

2019年10月27日
ふしぎいっぱい自然探検隊,福岡県のボランティアに参加(主催:福岡県南筑後保健福祉環境事務所)新着

2019年10月23日
産卵のため海へ戻る直前の銀ウナギを柳川観賞魚センターから23尾購入し,二丁井樋で放流新着

2019年9月18日
伝習伝習館高校自然科学部 銀ウナギ(下りウナギ)を放流し,ニホンウナギの保全へ第一歩新着

2019年8月25日
伝習館で飼育したニホンウナギ稚魚442尾,柳川掘割に放流!新着

2019年8月23日
吹奏楽部 夏季合宿を行いました
伝習館高校自然科学部が放流したウナギが46cmに成長し釣り上げられた新着

2019年8月2日
伝習館高校自然科学部九州地方ユースSDGsフォーラムに参加

2019年7月27日
伝習館高校自然科学部京都大学森里海キャラバン芦生研究林ワークショップに参加

2019年7月20日
伝習館高校自然科学部と伝習館同窓会みやま支部共同の飯江川視察新着

2019年7月19日
伝習館高校自然科学部が第53回ウナギ供養祭に参列

2019年7月8日
うな丼の未来7(東京大学にて)で伝習館高校自然科学部発表

2019年6月26日
二丁井樋のシラスウナギを登攀させる簡易魚道の撤去!伝習館高校自然科学部

2020年1月18日

飯江川をニホンウナギが育つ川にするための調査新着

 令和2年1月18日, 自然科学部は飯江川をニホンウナギが育つ川にするための調査を行った。

 飯江川は,矢部川河口に開口するみやま市南部を流れる流路10kmにも満たない川だが,昨年5月にシラスウナギが遡上するのを確認した。しかし,飯江川の堰や護岸の環境はニホンウナギが成長できるものではない。飯江川は夏の渇水期に農業用水を賄うために可動式の魚道を持たない堰をいくつも作り,農業用の溜池の様な使われ方をしている。そこで,伝習館高校自然科学部は飯江川をニホンウナギが育つ生物多様性に富んだ川にするために伝習館同窓会みやま支部と河川の環境改善の取組を行っている。

 河川の環境を整えるためには,まず,上流域の森の環境を整える必要がある。飯江川上流の森に貯水力があり夏の農業用水を賄うことができれば,可動堰が必要なくなると考えたからだ。もし,貯水のためのダムを作るとなると,上流域の地形から判断してみやま市山川町真弓の集落が水没する。真弓の人々の生業を奪うことはできないので,ダムを作るわけにはいかない。また,飯江川は,何度も決壊した経験を持っている。これは,飯江川上流にはスギの植林と竹林が広がり土壌が豊かではないから,降った雨がそのまま流れ,水が集まる中流域の舞鶴ふれあい公園や竹飯(たけのい)あたりで越流が発生することが考えられる。上流域の真弓では河床を掘り下げコンクリートで覆い,雨を素早く中流域に流す河川の構造をしているのも,上流域の土壌に貯水力が乏しい証拠だと考えている。近年の異常気象でみやま市南部に集中豪雨が発生することも考えられる。そうなる前に,防災の意味も込めて上流に広葉樹の森を作り,腐植層が厚い豊かな土壌を作る必要がある。私たちは,広葉樹の森を作るプロジェクトを「飯江川上流100年の森」プロジェクトと呼んでいる。このプロジェクトが成功すると素晴らしい結末が予想される。

 1.上流域の生物多様性が実現され様々な生物の食物連鎖が復活し現在少なくなってきた様々な生物がふえる。

 2.夏の渇水期に豊かな水が補償されて農業が潤う。

 3.絶えず流れる水があれば,可動式の堰が不要になり少なくなった魚が戻ってくる。

 4.飯江川がウナギが育つ川になる。

 5.飯江川河口のヤベガワモチ生息場所を含めて飯江川流域に作られた3つの親水公園が機能し,「飯江川全域親水公園」構想が現実のものになり,子供が遊べる川になる。

 6.飯江川が,歴史,文化,豊かな農産物を保証するだけでなく子供たちの環境学習の場になる。

 以上の効果が私たちの活動で現実のものになることを期待している。SDGsの観点から考えても,私たちの活動は実現すべきと考えている。

 現在までにみやま市山川町の小学生が集めてくれたドングリを中学生が畑に植えて広葉樹の苗を作ってくれている。本当に感謝している。

 最後に,腐植層を厚くするためにカルシウムが必要である。植林と同時に牡蠣殻を砕いて埋めていく必要がある。

 矢部川と飯江川の合流点では,2016年に観察会を開き,ヤベガワモチやセンベイアワモチを観察した。このときは,瀬口組の力をお借りした。

 

 髙田堰である。今は開いているが,5月に農業用水が必要になると堰板が降りて水が堰き止められる。その結果,高田堰の上流側では真水で満たされ,農業用水になる。

 


これが潮留の堰で,5月までは大潮の時潮水が上ってくる。


舞鶴ふれあい公園では,子供たちが水遊びするレリーフが飾られているが,子供たちはそこにいない。魚のいない川では子供たちを呼び寄せる魅力が不足するのだろう。

舞鶴ふれあい公園の奥では小さな子供が遊べる構造になっている。

以上の様子を自然科学部員が観察した。

 


 

 

 


福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved