ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
12|2020/01|02



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
カレンダーと同期
【新着一覧】

2019年12月24日
令和元年度の締めくくり!伝習館高校自然科学部ニホンウナギ稚魚を124尾放流!新着

2019年12月21日
令和元年最後の石倉かごモニタリングで放流したニホンウナギを7尾再捕獲!伝習館高校以前科学部新着

2019年12月15日
矢部川シンポジウム「私たちの水環境」で伝習館高校自然科学部が発表新着

2019年12月8日
第5回全国ユース環境発表大会九州・沖縄地方大会に自然科学部「先生が選ぶ特別賞」を受賞新着

2019年12月7日
eco-1グランプリ最終審査会に伝習館高校自然科学部出場新着

2019年11月10日
伝習館高校自然科学部「全国アマモサミット2019みやぎ」に参加して新着

2019年11月4日
アースウオッチジャパン参加者とウナギ稚魚を173尾放流新着

2019年10月27日
ふしぎいっぱい自然探検隊,福岡県のボランティアに参加(主催:福岡県南筑後保健福祉環境事務所)新着

2019年10月23日
産卵のため海へ戻る直前の銀ウナギを柳川観賞魚センターから23尾購入し,二丁井樋で放流新着

2019年9月18日
伝習伝習館高校自然科学部 銀ウナギ(下りウナギ)を放流し,ニホンウナギの保全へ第一歩新着

2019年8月25日
伝習館で飼育したニホンウナギ稚魚442尾,柳川掘割に放流!新着

2019年8月23日
吹奏楽部 夏季合宿を行いました
伝習館高校自然科学部が放流したウナギが46cmに成長し釣り上げられた新着

2019年8月2日
伝習館高校自然科学部九州地方ユースSDGsフォーラムに参加

2019年7月27日
伝習館高校自然科学部京都大学森里海キャラバン芦生研究林ワークショップに参加

2019年7月20日
伝習館高校自然科学部と伝習館同窓会みやま支部共同の飯江川視察新着

2019年7月19日
伝習館高校自然科学部が第53回ウナギ供養祭に参列新着

2019年7月8日
うな丼の未来7(東京大学にて)で伝習館高校自然科学部発表新着

2019年6月26日
二丁井樋のシラスウナギを登攀させる簡易魚道の撤去!伝習館高校自然科学部

2019年6月2日
飼育中のニホンウナギ水槽の水質検査!伝習館高校自然科学部新着

2019年5月28日

ウナギを捌きウナギを食べて柳川の食文化と命の繋がりを学ぶ-伝習館高校自然科学部新着

 

令和元年528

 伝習館高校自然科学部は,2014年に国際自然保護連合からニホンウナギが絶滅危惧ⅠB類に指定されたことを機に江戸時代から水と人の繋がりが維持されている「柳川掘割」をニホンウナギのサンクチュアリにするための研究と活動を進めています。私たちの活動は柳川市からも支援を受けており柳川の方々からも注目されています。

 私たちの活動の一環として柳川の食文化として根付いているウナギを自分たちで捌き,そして皆さんとおいしくいただく取組を528日に行いました。528日は伝習館高校野球部と明善高校野球部の定期戦の前日でもあり,「明伝戦」勝利の景気づけにもなるように日程を合わせ準備しました。また,大運動会の準備の最中で実行委員やブロック役員をウナギで労う意味もあります。ウナギを捌いて食べる取組は今年で4回目になり,もはや,土用の丑直前の行事になったように感じています。柳川では,お祝い事にはウナギのせいろ蒸しを食べる家庭も多く,ウナギは柳川の食文化としても根付いています。

 ウナギの裁き方は,ウナギの卸問屋龍川魚商店の龍利夫さんに指導していただきました。昔は家庭でウナギを捌いていましたが,ウナギが柳川の掘割から姿を消しはじめた1970年代から少しずつウナギを家庭で料理することもなくなり,私たちのこの取組は地域の食文化を継承するという意味もあります。

 しかし,柳川には年間150万人の観光客がウナギのせいろ蒸しや川下りを楽しみに訪れます。また,柳川の沖端の水天宮あたりを歩くと甘くて香ばしいウナギを焼く香りが立ちこめています。このウナギは現在では鹿児島や宮崎で養殖した150万尾のウナギが使われています。江戸時代から昭和初期,柳川はウナギの一大産地でした。その頃はウナギを東京や大阪の料亭に卸していたと龍さんから聞きました。

 また,私たちは生き物を食べなければ生きてゆけません。生き物を食べるということで食品ロスの問題も考えてほしいと思いました。ウナギは腸と胆嚢を除いて全て焼いて食べることができます。柳川では,昔からウナギを大切に食べてきました。これが食文化です。そして,そのウナギが減少しています。この背景にあるのが,海で生まれて川で成長するウナギが移動できる経路が河川の整備や堰を作ることで断ち切られてしまったことにあります。この行事に参加した生徒は何を学び考えるか楽しみです。


これが柳川で用いられるウナギを捌く専用の包丁です。


特大サイズのウナギ15尾です。氷で締めて動きが鈍くなったウナギを背中川から捌いていきます。


龍さんに続き生徒たちも捌いていきました。

 


真剣にウナギが捌かれるところを観察しています。


生徒たちは順応性が高く,すぐに何でもできるようになります。体験させることは私たちの役割です。


捌いたウナギは蒲焼きにして身も,骨も,肝も,心臓も,頭も焼いて食べます。頭はヒモといい,コリコリして食べることができます。


焼き方を教えていただいている生徒たち。


蒲焼きにすると芳ばしい香りがして,たくさんの生徒がやってきました。



今年は,うな丼を150食作りましたが,ウナギが全てなくなった後も,たれをご飯にかけておいしくいただきました。


たくさんの生徒が食べてくれました。

指導をしていただいた龍利夫さんありがとうございました。

この取組は,529NHKで放送されました。

また,530日有明新報で報じられました。



福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved