ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
07|2019/08|09




123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カレンダーと同期
【新着一覧】

2019年8月23日
伝習館高校自然科学部が放流したウナギが46cmに成長し釣り上げられた新着

2019年8月2日
伝習館高校自然科学部九州地方ユースSDGsフォーラムに参加新着

2019年7月27日
伝習館高校自然科学部京都大学森里海キャラバン芦生研究林ワークショップに参加新着

2019年7月20日
伝習館高校自然科学部と伝習館同窓会みやま支部共同の飯江川視察新着

2019年7月19日
伝習館高校自然科学部が第53回ウナギ供養祭に参列新着

2019年7月8日
うな丼の未来7(東京大学にて)で伝習館高校自然科学部発表新着

2019年6月26日
二丁井樋のシラスウナギを登攀させる簡易魚道の撤去!伝習館高校自然科学部新着

2019年6月2日
飼育中のニホンウナギ水槽の水質検査!伝習館高校自然科学部新着

2019年5月28日
ウナギを捌きウナギを食べて柳川の食文化と命の繋がりを学ぶ-伝習館高校自然科学部新着

2019年5月25日
京都大学フィールド科学教育センターとの高大連携キャラバンキックオフ!伝習館高校自然科学部新着

2019年5月20日
令和元年度,最初のニホンウナギ稚魚の放流!伝習館高校自然科学部新着

2019年5月19日
長さ25cmほどのウナギの稚魚が発見!市民からの情報で!伝習館高校の南門の水路で!新着

2019年5月5日
絶滅危惧ニホンウナギ稚魚,シラスウナギの特別採捕,伝習館高校自然科学部

2019年4月28日
演劇部3年生引退公演

2019年3月28日
自然科学部,平成31年度日本水産学会春季大会高校生発表で2年連続「奨励賞」受賞・東京同窓会との交流・「セシウムと少女」監督の才谷遼監督との会食を行いました新着

2019年2月23日
九州大学望岡研究室との共同研究「二丁井樋の仮説魚道でシラスウナギが柳川掘割に遡上するのか検証する!」新着

2019年1月27日
WWFジャパン北部九州高校生ワークショップに自然科学部参加

2018年9月10日
高文連 筑後地区美術・工芸展において特選受賞

2018年8月31日
芸術部(美術) 高文連県実技講習会に参加

2018年8月19日
書道部「書のパフォーマンス」イベント出演

2019年5月25日

京都大学フィールド科学教育センターとの高大連携キャラバンキックオフ!伝習館高校自然科学部新着

 

京都大学フィールド科学教育センター長の山下洋先生に伝習館高校においでいただき令和元年度の京都大学と行う高大連携プロジェクトの概要説明と私たちの研究にアドバイスをいただいた。また,山下先生が指導されたニホンウナギのバイオテレメトリーを用いることで見えてきたウナギの摂食行動に関する研究と,やはり,バイオテレメトリーを用いて行ったニホンウナギの移動行動に関する最近の研究を紹介していただいた。バイオテレメトリーとは生物に発信器や記録装置を取り付け受信機で記録したり,または,取り付けた記録装置を取り出して解析し行動時間と位置を解析する手法である。

山下洋先生とは,平成3083日,第27回市民セミナー「豊かな里海の創生~沿岸域と河川流域の関係~」(株式会社いであ大阪支社)での発表が切っ掛けで知り合いになった。イデア大阪支社で伝習館高校の取組を話したことが連携に関係しているのかもしれないと思う。

 

 

山下先生の講座の生徒の感想

バイオテレメトリーによってウナギは昼に石倉かごで休んでいて,夜に動き出している固体がほとんどだと分かった。しかし,日暮れから短時間活動し真夜中になる前に石倉かごに戻る個体や日暮れから日の出近くまでエサを食べている個体もいることが分かった。また,食べるエサも湾内の生き物を食べる個体や川を上って川の生き物を食べる個体などいろいろな個体がいることが分かった。

ウナギはほとんどの場合,1kmほどエサを探して動き回り,中には3km以上動き回る個体もいるということだ。

おもしろかったのは養殖ウナギと天然ウナギの比較で天然ウナギの最も大きなものが1尾だけ湾から出て行ったが,養殖ウナギの多くは1年までに湾に出て行ったと言うことだ。湾から出て行った天然ウナギは大きな個体だったため銀ウナギになって産卵場所に帰った可能性が大きく,養殖ウナギは育てた高温環境のため水温が下がったときに暖かい海に出て行ったのではと言うことだ。観察結果から理由を推定することがおもしろい作業だと感じた。

山下先生の話を聞き,最先端のバイオテレメトリーの研究が柳川でも行われていることに驚いた。私たちも柳川の掘割に10尾だけだが発信器を取り付けたウナギを放した。しかし,行方不明のものや動きが少ないものやらあまりこれといって今のところおもしろいデータはないが,身近にバイオテレメトリーが行われていることを再認識することができた。


 

これから,夏の間に水槽内の水質と微生物の関係を中心として飼育個体の死亡率と関連付ける研究を進めていくが,京都大学との高大連携プロジェクトには期待している。本当にワクワクしながら高校生が行う研究に協力の手をさしのべていただけることになり,感謝している。声をかけていただいた山下洋先生には感謝している。

水質を検査するための水質試験器AL800は公益財団法人 藤原ナチュラルヒストリー振興財団から助成を受けている。また,


福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved