ホーム  >  生徒会・部活動紹介 [ 文化部活動報告 ]
04|2019/05|06



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
カレンダーと同期
【新着一覧】

2019年5月20日
令和元年度,最初のニホンウナギ稚魚の放流!伝習館高校自然科学部新着

2019年5月5日
絶滅危惧ニホンウナギ稚魚,シラスウナギの特別採捕,伝習館高校自然科学部

2019年4月28日
演劇部3年生引退公演新着

2019年3月28日
自然科学部,平成31年度日本水産学会春季大会高校生発表で2年連続「奨励賞」受賞・東京同窓会との交流・「セシウムと少女」監督の才谷遼監督との会食を行いました新着

2019年2月23日
九州大学望岡研究室との共同研究「二丁井樋の仮説魚道でシラスウナギが柳川掘割に遡上するのか検証する!」新着

2019年1月27日
WWFジャパン北部九州高校生ワークショップに自然科学部参加

2018年9月10日
高文連 筑後地区美術・工芸展において特選受賞

2018年8月31日
芸術部(美術) 高文連県実技講習会に参加

2018年8月19日
書道部「書のパフォーマンス」イベント出演

2018年8月18日
生物班は,ニホンウナギ稚魚197尾放流!放流の様子はNHKで8月19日,放送!

2018年8月2日
平成30年度 高文連演劇部門筑後地区夏期ゼミナール

2018年6月26日
生物部「第20回日本水大賞」の文部科学大臣賞を受賞しました

2018年6月7日
「絶滅危惧種ニホンウナギを食べて命の繋がりを実感する会」を今年もやりました

2018年5月31日
日本文化部茶華道部門

2018年5月27日
生物部 福岡女子大の竹内亮先生と女子の学生さんとのワークショップを行いました

2018年5月12日
生物部 京都大学の田川正朋先生からウナギ稚魚の生態実験の指導を受けました

2018年5月5日
演劇部3年生引退公演

2018年4月25日
弁論・放送部 松浦さんを全校生徒が壮行会で激励!!

2018年4月21日
やながわ有明海水族館一日館長を生物部が務めた~館長小宮君のもとでの修業~

2018年4月15日
生物部「アサリ収穫祭」有明の本物のアサリを獲って味わう

2019年5月5日

絶滅危惧ニホンウナギ稚魚,シラスウナギの特別採捕,伝習館高校自然科学部

令和元年55日,絶滅危惧種ニホンウナギの稚魚,シラスウナギの特別採捕を行った。

 

 福岡県内水面漁業調整規則で21cm以下のニホンウナギの採捕を禁じられているので,私たちは九州大学農学部望岡先生から特別採捕許可書に採捕者として登録していただいており,学術目的でシラスウナギの採捕と飼育を福岡県から許可されている。このことで,ニホンウナギの研究を行うことができる。

 

 勿論,保護の対象としたニホンウナギを研究できる研究機関は少なく高校では伝習館高校だけである。伝習館高校は研究機関ではないが,柳川はウナギのせいろ蒸しが観光資源として地域の経済基盤を支えており,また,食文化としてもウナギ料理が根付いている。私たちは,柳川の高校として郷土の文化と経済を維持するという教育効果も狙ってウナギの研究と取組を行っている。

 

 また,昭和の敗戦からの日本経済の躍進と並行して行われた国土づくりによって自然の姿が少しずつ失われていった。そして,開発と保護のバランスを考えるようになった平成へと時代は変わる。今は新しい令和を迎えた。令和は次世代が永久に続く社会の構造を維持するための新しい社会のデザインを提案し,構築する時代である。この新しい持続的な社会のデザインが海で産まれて森の恵みの中で育ち,また生まれ故郷のマリアナ海溝周辺海域に帰って一生を閉じるニホンウナギが持続的に生きることができる社会をモデルにできるのではないかと考えている。つまり,ニホンウナギの研究と活動の成果を社会に発表することによって里に住む私たちが「ウナギが絶滅しないような川や海や森の構造」に気付き,少しずつ本来の森・里・海の連環が回復することができるような精神構造を作っていくことができるようにすることである。勿論,このことは,日本が推進するSDGsやESDに則っており,ウナギの取組を推進する伝習館高校自然科学部員にとっても教育的に意義のある取り組みと考えている。

 令和元年5520時,瀬高堰に自然科学部6家族が集合した。中には,弟や妹も含めシラスウナギの特別採捕を体験した。

 


今日の矢部川は,堰から流れてくる水が少なく濁っていたが13尾シラスウナギを特別採捕することができた。
自然科学部部員たちは,マリアナ海溝から2000kmもの旅をしてきた6cm程のシラスウナギの生命力とニホンウナギの大回遊の不思議にほんの少し触れることができたと思っている。また,部員の弟さんや妹さんも普段できないことを体験した。この体験を忘れず頑張ってほしい。

 このような夜に行う体験は保護者の皆様のご理解と引率なしではできません。保護者の皆様ありがとうございました。

 



 

 


福岡県立伝習館高等学校〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116 Fax:0944-73-6496
福岡県立伝習館高等学校
〒832-0045福岡県柳川市本町142
Tel:0944-73-3116  Fax:0944-73-6496
Copyright(C) Denshukan All rights reserved